カテゴリー
労働環境

東南アジアの形式ばらない仕事の良い面と悪い面

・非公式の仕事は過去5年の東南アジアの経済の低迷の衝撃を和らげてきました。

・マレーシア人は失業者の増加に伴い、特に若者の間で仕事や給与の展望に関心があります。

・アセアン5の輸出の増加は、求人市場の改善がすぐそこまできていることを示唆しています。

物売りが食べ物や服、安物の宝石などを売っています。田んぼで働く日雇いの労働者は仕事の確保ができていません。乳母は工場で働くブルーカラーの両親を持つ子供の面倒を見ています。これらは東南アジアの経済成長が止まってもあまり関係のない人々です。

これらの非公式のセクターの雇用は、ASEAN地域に住む人々にとって、5年のGDP成長の停滞後、経済的政治的混乱を防ぐ助けとなってきました。1億3200万人の労働力を有し、ASEANの中でも最大の経済圏であるインドネシアは、GDPの成長率が下がったにも関わらず、失業者を減らしました。

インドネシアの回復は、工場、炭鉱、大規模農園から雇い止めにあった新たな世代の労働者を非公式の仕事に吸収したことが要因です。2月のインドネシアの非公式セクターの雇用は労働人口の52%

ですが、2016年の8月には57.6%に増加しています。2016年2月から今年の2月の間、非公式のセクターには240万の仕事が追加されましたが、公式のセクターには160万しか追加されていません。これはフィリピン、タイ、ベトナムでも同じようなことが起きています。

悲観的なマレーシア人、若者の努力

しかし、マレーシアではASEANの他の4国とは異なる状況です。6月の失業率はたった3.4%でしたが、近年の成長の停滞とともに少しずつ上昇しています。

マレーシア人は仕事や給与の展望について、他の地域と比べると悲観的な人が多いとFTCRの調査が明らかにしています。75%近くのマレーシア人が仕事を見つけるのは難しいと回答しており、60%のインドネシアやタイに比べると、その割合は高くなっています。

これらの発見はマレーシアの労働市場がどれほど経済の停滞の影響を受けているのかを示し、比較的進んだ工業科と世界経済との統合の結果だということを明らかにしました。マレーシアの発展の深さは公式の仕事の量に反映されていて、総労働力の88.6%です。

マレーシアの失業は若者の間で特にひどいです。公式データによると、2016年の若者の失業率は12.1%で、全体の労働力の4倍以上になっています。私たちの調査で、18歳から24歳のマレーシア人は他のASEAN5国の若者と比べても、仕事に対する懸念が多いことがわかりました。

国の中央銀行であるマレーシア国立銀行の最近の調査で、レベルの低いスキルが必要な仕事の創出と産業に準備のできていない卒業生の不適当な供給が若者の失業を助長していると明らかにしました、マレーシアは技術を要する高給の仕事への高い質の投資を引きつけることはありませんでした。

給与の問題

非公式のセクターが厳しい時期でも緩衝材として必要不可欠であるにも関わらず、1億人以上が仕事の確保や健康保険、労働保険を受け取れずにいるということです。インドネシアでは7270万の非公式のセクターの労働者のたった1.9%が労働者を保護する代理店のメンバーとして登録しています。

非公式のセクターの仕事は、給与が低く、昇給も見込めません。これは大きな非公式のセクターに労働者が流入しているということです。私たちの調査では、マレーシア人のたった15.3%が他の仕事への転職を考えていますが、フィリピンでは28.9%、インドネシアでは25.3%という結果が出ました。転職を考えている人にとって、給与の低さは1番の理由で、2番目はキャリアが見込めないことと、別のキャリアへの希望となっています。

非公式のセクターの仕事への転生はASEAN5国において給与が低いことがわかっています。私たちの調査では、世帯収入の増加がタイで最もゆっくりで、ついでマレーシア、インドネシアとなっています。

前向きな転換

東南アジアの輸出の需要の回復は仕事の展望と収入レベルを改善していくと見られています。マレーシア、タイ、ベトナムなどの輸出額の対GDP比が高い国はその恩恵を受けています。

2017年の上半期、マレーシアの総輸出は20.9%となり、前年同期と比べると1.4%上昇しました。この結果は、マレーシアのGDPを予想以上に拡大させました。今年の年間のGDP成長は4.8%になると予測しており、これは2016年の4.2%に比べても過去最大の成長になると見られています。

この成長が失業を減らすことになれば良いのですが、若者の失業率を10%未満にするのは難しいでしょう。

貿易はベトナムの強みとなっていて、輸出は上半期で13.1%上昇し、前年同期比2.3%アップとなりました。一方、タイでは貿易の成長率が上半期は7.8%隣、過去6年で最速のペースです。

似たような傾向はインドネシアやフィリピンでも見られていますが、労働市場の拡大は輸出頼りではなく、家庭消費となっています。インドネシアでは、過去3年の緩やかな給与の上昇と急速な通貨の価値低下によって圧力がかかっています。

カテゴリー
雇用機会

デジタルエコノミーにおいて若い女性の雇用機会を作り出す

若者は仕事を探すことにもがいています。教育を受けていても、最初の仕事に就くことは挑戦となっています。2016年、コソボの自治体であるジャコヴァとリプリャンの25歳以下の100人の若い女性たちが大学レベルの教育を受けた後、最初の就職に向けて仕事を探していました。彼女たちはワールドバンクのWomen in Online Work (WoW)というプログラムに参加しており、オンライン上のフリーランス市場で仕事を得るためのスキルを身につけてきました。卒業後3ヶ月以内でWoWのオンラインワーカーはコソボの平均時給の2倍の額を稼いでいました。また、新たなビジネスを始め、自分たちで若い女性労働者を雇っている卒業生もいます。

しかしこれは1つの例にすぎません。技術的な進歩はデジタルエコノミーの成長を助長し、新しい形の仕事を作り続け、雇用の展望を変化させています。そして未だに失業も問題になっています。2017年、おおよそ15歳から24歳の若者6500万人が失業状態です。若者の労働力の参加率は世界的にも減少しており、22%の若者が雇用ではなく、教育や研修(NEET)を受けています。そして、女性は男性よりも遅れをとっています。WoWのプログラムの成功はデジタルエコノミーの恩恵を受けるには適正な介入が必要であるということを示しました。

若者の性別に関わるデジタルの仕事のプログラムの発展は新たな報告の題材です。それはSolutions for Youth Employment (S4YE)によるDigital Jobs for Youth: Young Women in the Digital Economy です。S4YEはマルチステークホルダーの連合で、the Social Protection and Jobs Global Practice of the World Bank内の組織です。報告書はS4YEのパートナーシップによって合同で作られ、共著者は ロックフェラー財団、 プラン・インターナショナル、 ランド研究所そしてワールドバンクです。この報告で、デジタルの仕事の新たな分類を発展させ、S4YEパートナーのリアルな経験を報告し、性別に関連した問題の業務上の推奨を提供しています。

新たな分類は「デジタルの仕事」を基本的なICTスキルが必要となるミクロタイプの仕事から、発展的なデジタルスキルや分析能力を必要とするネットワークの管理などのフォーマルなICTセクターの仕事まであります。その他のタイプのデジタルの仕事はBPOセクター、バーチャルフリーランス、デジタルプラットフォーム関連、デジタルの起業家や公的機関の仕事があります。それぞれのカテゴリーで異なるスキルが必要になります。この分類を使うことで、政策担当者がスキルの需要を今あるレベルで評価し、様々なターゲットのために仕事を成長させる機会を判断するのに役立ちます。

例えば、もし政策担当者が、スキルに限界のある郊外の女性のための仕事を作りたい場合、ミクロの仕事の機会は経済や社会的利益のためと分類されるかもしれません。一方で、政策の変更が失業者や新卒者の仕事を生み出すためのものなら、デジタルの起業家に投資することが政策のトップに来るかもしれません。最後に、農業生産や郊外の所得の向上が政策の一環であれば、政策担当者はSMEに焦点を当てたデジタルプラットフォームを使い、新たな解決策を支えることに価値を見出すかもしれません。

Digital Jobs for YouthはS4YEによって行われている過去または現在進行中の、若者とデジタルの仕事を結びつける雇用プログラムに基づく19のケーススタディの識見を抜粋しています。プログラムでは若者の利益、起業家、デジタルの仕事のスタッフ、若者を雇っている会社についての発見を見直した後、その報告は8つの主な課題を見つけ、それらを解決するための20の可能性のある戦略を発表しました。

要するに、その報告ではベストな目的に関わらず、いくつかのデジタルの仕事のプログラムは若い女性を雇うことに取り組んでいました。家族がいる人には時間的な制約があるため、彼女たちは研修プログラムに参加させませんでした。さらに、女性は若い男性と比べると、家事に費やす時間が膨大です。これが活動に影響し、収入や教育にも影響してくるのです。

ケニアではロックフェラー財団のDigital Jobs Africa構想による Digital Divide Data (DDD)が対面またはオンラインラーニングで、若者が自分の都合に合わせてチームワークやコミュニケーションスキルを磨くことができるようなプログラムを提供しています。プラン・インターナショナルのインドでのサクシャムプロジェクトは、車による街宣活動やインフォメーションキヨスクを戦略的に設置し、女の子を中心とした力強いストーリーを使ったソーシャルメディアの広告など、創造的な援助方法で若い女性をプログラムに引き込もうとしています。

女性も自分たちの能力に対するステレオタイプや、雇用主の偏見と戦っています。これに対しては、ペルー、チリ、メキシコ、ブラジルを拠点とする女性のための研修を行うLaboratoriaは、Talent Fesという36時間のハッカソンを開催しています。参加企業は、今直面しているウェブデベロップメントの問題を提供し、生徒が考え、問題を解決し解決策を発表します。この本人の参加は、女性がどのように働くのかを企業に見せることができ、的確な人材を発見することもできます。

供給側の技術構築プログラムが重要であるのに対し、仕事の機会を若者に与えることは十分ではありません。デジタルの仕事のプログラムを成功させるために、需要側にも注目し、若い女性に対するより良い仕事を作るのを簡単にするべきです。

ワールドバンクの Digital Jobs for Khyber Pakhtunkhwa (KP)プロジェクトは若者の雇用を増やすために、政府がどのように性別に関連した需要側供給側の取り組みを統合できるかの例を示しました。Digital Jobs for KPは、デジタルスキルの研修プログラムに取り組むのと同時に国内外企業ともに新たなビジネスを始め、地域の若者を雇用することを簡単にする優遇女性措置をとります。

政府、寄贈者、非政府組織、民間企業は、デジタルの性差と若者の労働讃歌における男女差の社会的、経済的、政治的な利益に気付きつつあります。

さらなる強固なプログラムの構成により、専門家はデジタル経済に若い女性をより取り込み、その影響を測ることができます。 Digital Jobs for Youth: Young Women in the Digital Economyは彼らがそうする上で効果的なツールになります。


カテゴリー
今後の動向

発展途上のアジアの未来の仕事

アジアや太平洋地域の仕事の性質はここ数十年で劇的に変化しています。労働市場のシフトは社会を一変させ、急速な経済成長はより良い給与と生産的な仕事を労働者に提供しています。

国際貿易と新たなテクノロジーは2つの重要な要素を含んでいます。1つ目は、貿易が地域の最も重要な財産を役立たせることを可能にしました。それは、労働力です。そして2つ目は、新たなテクノロジーが生産性の向上の引き金になり、雇用の創出と給与の増額につながりました。

しかし、アジアの仕事の挑戦はまだ終わっていません。2015年から2030年にかけて、アジア開発銀行(ADB)の加盟国の労働力は年間でおよそ1600万増えると推測されています。

明らかに、より多くのより質のいい仕事が求められているのです。

テクノロジーはアジアが多くの挑戦を達成することができるような助けになります。しかし、国々が挑戦へ向けてよく準備をしたなら、労働市場にももたらされるのです。

コンピューターやビッグデータに加え、モバイルインターネット、人虎知能や機械学習、ロボット工学、ナノテクノロジーは第四次産業革命を駆り立てます。これらはビジネスモデルと仕事の性質を根本的に変えるでしょう。

これらの進歩は未来の繁栄に寄与し、そのうちいくつかは労働者や社会に挑戦を突きつけるでしょう。スキルのない労働者ができるような仕事は自動化によって失われる可能性がります。

第四次産業革命によって解放される労働力は不安定な雇用の増加につながります。これらの仕事は社会的な利益もOJTも入らず、労働者にとっては労働市場の需要の変化についていくのが大変です。

では、政策はどうするべきなのでしょうか。

貿易に取り組み、テクノロジーを守る

最初に、貿易において壁を作ることは選択肢にはありません。ひらけた市場は発展途上のアジアに多くの繁栄をもたらしてきました。ここ数年間、成長のスピードは遅くなっていますが、これは今後も期待されています。

東アジアや東南アジアのように世界経済とより密接に関わっている地域では、成長が早く、より多くの仕事が生み出されています。南アジアがその次で、まずはインフラの整備と規制の合理化が必要です。

次に、テクノロジーの挑戦への解決策はテクノロジーの変化を進ませるわけではありませんが、準備しておく必要があります。

簡単に言うと、あるケースではテクノロジーが現在の労働者の代わりになるでしょう。つまり、代替効果です。しかし、それでも「スケール効果」が支配するかもしれません。これは、与えられた量の人員削減が必要な場合でも、総生産量の十分な増加により、仕事を増やすことができるかもしれないということです。

時々、テクノロジーは今ある仕事を補完するものになり、労働者の生産性の向上にもつながるでしょう。また、テクノロジーは新たなタイプの仕事を作り出すでしょう。例えば、テクノロジーを補う新しい仕事があれば、古い仕事に取って代わるようになるでしょう。

これらの機会のメリットをフルに得たい発展途上のアジアの国々にとって、彼らの資源を使うことについてより柔軟になっていくでしょう。資源とは、労働力、資金、土地のことです。

柔軟性は必要不可欠で、テクノロジーの変化の早いペースによって与えられ、テクノロジーが異なる市場、セクター、工場に影響する予測不能な手段でもあります。労働力や資金、土地を衰退している産業や工場から新たに割り当てることを妨げる規制はただ可能性を潰すだけです。

雇用レベルを市場のトレンドに合わせるための柔軟性のある労働市場の規制は必要で、異なるタイプの雇用契約(期限付き雇用など)や在宅ワークやテレコミューティングなどの異なる環境で働く経験者も必要となります。

しかし柔軟性というのは規制をしない労働市場という意味ではありません。

より良い教育、適正なスキル

労働者は経済的や健康的なリスクや退職によって収入を失うことから守られるべきです。同時に、企業は、役に立たない労働者を解雇する上で苦労するべきではありません。もしそんなことをすれば、経済拡大の最中でも創出される仕事が少なくなってしまいます。

社会保険を保証すると同時に、企業は労働力に変化をつけることで能力を維持しなければなりません。

発展途上のアジア太平洋地域の国々は教育へのアクセスの拡大において、印象に残る進歩をしました。そして今彼らが焦点を当てるべきなのは、教育と研修の質と適切さです。

新たに仕事につく多くの若者には、複雑な問題を解決し戦略的に考える力が欠けています。雇用主のアンケートではしばしば非認知スキルが主要な欠点として報告されています。

これらのスキルが最高であることは明確です。新たなテクノロジーの恩恵を最大限に受けるためには、必要とされているスキルを取得できるような教育システムの改良を基本として、発展途上のアジアのスキルを拡大することが重要です。

例えば、未来の中間のスキルの仕事の多くは、コミュニケーション力、問題解決力、柔軟性や適応性などの様々なスキルが必要になります。つまり、未来の労働者はコンピューターリテラシーなどの技術的なスキルだけではなく、小学校や中学校で習うべき基本的な認知・非認知スキルが必要になるのです。

質の高い教育と生涯を通したトレーニングを提供することに投資する経済は、破壊的イノベーションの影響を最小限にとどめることができるでしょう。

ADBは、適正なスキルのある労働者を育て新たな仕事の世界へ送り出す手助けをすることで、需要のある求人市場への移行の管理をする国々の手助けをするという、決定的な役割を担っています。

第四次産業革命はワクワクするような時と言えます。もしその混乱に向けて準備をしておけば、質の低い仕事よりも、より良い仕事を生み出すことができるでしょう。

カテゴリー
今後の動向

東南アジアのIT業務は需要が高く、給与も上昇傾向

昨年の経済成長の停滞にもかかわらず、シンガポールは地域のハブを創設したい企業にとって、魅力的な場所となっています。これは数多くのセクターで雇用活動が促進されていることの鍵となり、消費行動の変化や地域業務の生態系における政府の投資によって支えられていると、ロバート・ウォルターズの給与調査が明らかにしました。

本年と2018年の募集要項について話し合われているこの調査は、現在進行中のデジタル化や安定的な市場の拡大などの翌年の強い経済による楽観的な予測を発表し、東南アジアにおける給与の増額を示唆しました。調査によると、強いテクニカルスキルがありながら地域業務に求職している人、特にIT分野や国際的な業務の経験がある人は需要が高いとされています。

東南アジアの全体的な雇用市場は、経済の状態が多様であるにもかかわらず、2017年の間は活発なままです。これが新たな市場を引きつけ、今あるビジネスを拡大させている理由の大部分です。様々な国の状況にもかかわらず、デジタル化は多くの市場で優先事項としてあり続けるでしょう。調査は若者の人口が急速に増えたのと消費者運動が増えたことが主な理由であると結論づけています。

シンガポールの2018年の予測

昨年の経済成長の停滞にもかかわらず、シンガポールは地域のハブを創設したい企業にとって、魅力的な場所となっています。これは数多くのセクターで雇用活動が促進されていることの鍵となり、消費行動の変化や地域業務の生態系における政府の投資によって支えられています。

政府がテクノロジーのインフラを強化し賢い国を作り上げることで、ビジネスはデジタルプロセスを発展させ続け、伝統的な技術や新たなテクノロジースキルを持った人々に短期または長期の仕事の機会を作り出します。調査では、イーコマース、保険、物流がデジタルトランスフォーメーションの鍵となるでしょうと示しました。

今年のトレンドに従って、ITの雇用市場は2018年も活発なままで、デジタルトランスフォーメーションで持ちきりとなり、顧客向けのeチャンネルを現代化させるための投資をしていくでしょう。セールスやマーケティング部門では、様々な部門で力強い活動(FMCG、小売、ラグジュアリーとヘルスケア)が予測されている一方で、消費者とヘルスケアに向けたプロを探している企業に対して、最新のデジタルトレンドに追いつくことと強い分析力を持つように助言しました。

求職者は契約社員になることについてよりオープンになっていて、契約業務の市場は成長が見込まれています。今年は、インターンのポジションでは特にニッチなスキルを必要としているプロジェクトで中間レベルの専門家がより雇用され、短期契約の法律家も雇われる傾向にあります。2018年に雇用主が契約者の価値を認識することでこのトレンドは続き、特にフィンテック、ヘルスケア、テクノロジーセクターでの法律のプロが雇用されます。

HRのプロは今年に引き続き、2018年もクライアントによる市場として残るでしょう。ビジネスに詳しい人や管理者の経験があるHRは需要が高くなっています。企業が労働者に対して中身のある研修をすることが重要であると気づいたことで、上級者の地域研修や開発のプロの需要も増え、特にリーダーシップ開発と組織デザインのスキルが求められます。

シンガポールのインフラ率はあまり変化がなく、最低賃金の上場は2018年に予測されており、デジタルマーケティングやサイバーセキュリティのスキルのある求職者の需要は高いままでしょう。これらの求職者は年収の増額を期待でき、特に地域の市場についての知識もある人はより期待できます。

2018年に他に鍵となるハイライト

・財政報告やシステム開発の実施、ファイナンシャルプランニングと分析(FP&A)や資金についての実力があるというような、幅広いスキルを持った求職者の高い需要が市場であることから、会計や財政セクターで強化が進められるでしょう。ビジネスパートナーとして協力でき、財政の面から価値を加えることができる人は重宝されます。

・ITセクターでは、深く学び、マシーンランニングスキルを身につけたビジネスや消費者向けのプロの需要が高くなります。特にデザインの能力があるフロントエンドの開発者UX/UIのプロは需要が高く、様々な場面でユーザーを取得する上で魅力的なインターフェースが残っています。

・金融部門では規制の要求が主要な問題として残り、デジタル化が進み、企業がセキュリティシステムを強化していることから、サイバーセキュリティのスキルがあるテクノロジーの専門家の需要は高いままでしょう。しかし、現在の限られた人材の中からテクノコマーシャルの専門家やローカルデベロッパー、解決策を創り出す人を探し出すことは管理者にとって課題となるでしょう。

・HR部門でも戦略的な能力のあるリーダー、チームをまとめ、雇用戦略を開発させる管理者などの需要が高まるでしょう。調査では、管理者を雇用する上で、タイムリーな雇用をしスキルを持っていなくても可能性や学習能力のある求職者の雇用を考慮し、雇用プロセスを簡単にすることを推奨しています。

ロバート・ウォルターズの東南アジアToby Fowlston専務取締役は「デジタル化のトレンドは、消費者のマーケットシェアの拡大や競争力を高めるために、地域の企業のオンラインプラットフォームを創り出すビジネスに拍車をかけています。これらの変化によって、多くの企業がマーケティング部門でもIT部門でもデジタルのエキスパートを雇い、特にデジタルインフラの知識がありニッチなテクノロジースキルがある人の需要が高まっています。」と言いました。

さらに彼は、「加えて、クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティ、ビッグデータなどのITの下位部門の成長が鍵となることから、これらの分野のITのプロも需要が高まるでしょう。このトレンドは2018年も続くとみられています。」と話しました。

このビジネストランスフォーメーションへの注目は、文化の変容に能力のある人事部門のプロの需要の引き金ともなります。

しかし、この分野の課題は、人材が限られて離職率が高いことから、才能のある人をどのように引きつけ維持するかです。管理者を雇用する上で、タイムリーな雇用をし、彼らが持っているスキルに注目するだけではなく、学習の可能性についても柔軟に対応することが最善策です。

カテゴリー
考察

若者たちは仕事の将来についてどのように再考しているか

仕事の将来について話す時、未来を作る若者からの考え方、アイディア、解決策を含めることは重要です。2017年のユースサミットで見たように、若いデジタルの知識が豊富な世代ーミレニアル世代、Y世代もしくはZ世代と呼ばれる世代ーは地球的課題に取り組むための解決策を共有しました。2日間のイベントはテクノロジーの活用や発展のインパクトの革新について若者が議論することを歓迎しました。この記事で、私たちは雇用創出の観点から、サミットのグローバルコンペティションのファイナリストにインタビューをしました。

家事労働者を形式的な経済に取り込む

家事労働者を雇用するにあたって、Uberのようなプラットフォームについて考えたことはありますか?高齢化が進んでいるマレーシアでは、数え切れないほどの家族が家事労働者のサービスに頼っており、労働者の多くは他の東南アジアの国から移住してきた女性です。これはクアラルンプール出身のZenna Lawに共鳴し、彼女はPink 立ち上げました。

最初の目標は、虐待的な労働条件になりがちな家事労働者のセクターを正式なものにすることです。Pink Collarは労働者も雇用主も平等にサポートし、倫理的な仕事関係を構築する案内をします。Zennaは「全ての火事労働者がいつの日か人生においてより良い地位を獲得し、最終的には社会的な不平等さのループを打ち破りたい」と願っています。彼女の考えはユースサミットオーディエンスアワードを勝ち取りました。

女医のために柔軟性のある労働条件を支援する

パキスタンでは、多くの国と同じように、中低所得者は質の高いヘルスケアの恩恵を受けることに制限があります。それと同時に、多くの女性医師が、子育てのために仕事を辞めることを選択するのです。

健康政策管理の修士課程を卒業したMakkiya Jawedは市場のギャップに気づき、放棄されたり弱いグループをターゲットとした国中のヘルスセンターのネットワークを作りました。

全て女性で運営されているSehat Kahaniでは、女性医師が在宅でフレキシブルなスケジュールで働くことができ、手頃な料金で利用できます。創設以来、15のセンターで600,000人以上の患者に対応してきました。26歳のMakkiyaは「女性が自分を優先することを恐れず、心の声に素直になることができるような世界。そしてすべての人が健康にというコンセプトだけではなく、実際に必要な人が利用できるような世界」を目指しています。ユースサミットの審査会はこの素晴らしいアイディアを表彰しました。

作物保険のためにハイテクソリューションを使う

約20億人の小自作農家が農作業において雨を頼りにしています。作物保険は不確実な荒天による被害を緩和させるためのものですが、小さな農家には手が届かないこともあります。

テクノロジーはどのように彼らを救うことができるでしょうか。

OKOの共同創設者であるSimon SchwallとRodrigo Garcia Ayalaは衛星画像とモバイル・テクノロジーを使ってリアルタイムの警告と支払いを行い、干ばつに対する保険の発行と過度な雨量を効率的に処理するプラットフォームを作りました。2人のパートナーはこのプロジェクトをマリとボリビアで開始しました。Schwallは「気候変動によってもたらされる課題を軽くするためにこの作物保険の機会を追求して」と仕事をスタートアップの時点で離れました。

人々によって人々のためにエネルギーを再生する

最大の国有の送電網を持つ国の1つであるインドでは、20代の2人の友人が昨年の夏に清華大学で出会い、Anant Ujwalaを作りました。

このプロジェクトは、ソーラーシステムを解禁し、どの家庭でも自家発電をすることができ、電力を売ることができるようにすることを目的としています。このブロックチェーンを基礎とした解決策を使うことで、インド人プロシューマー(プロデューサーとコンシューマー)は分散したエネルギーシステムで電力の売買を行うことができます。Krishit AroraとEshwar Agarwalは「私たちの知識を、私たちのコミュニティで起こっている緊急の問題を解決するために」使うことを夢見ています。彼らの考えはエネルギー部門での新たな雇用の創出にも繋がりそうです。

クラウドファンディング教育のためのアプリケーション

Fezeka Stuurmanは教育とすべての人に教育の機会が均等になるようにと情熱を持っています。彼女は「警告すべき52%の退学」という南アフリカの教育システムについて強い懸念を示していました。彼女は持続可能な開発についての研究を大学院で修了後、プロジェクトを始動しました。それは所得が低い家庭の子供たちをスポンサーと繋ぎ、ヘルスケアや食事などの生きていく上で必要なものをサポートしてもらい、学校に通わせるというものです。

Fezekaは教育は人生を成功させるチャンスを増やし、雇用機会に恵まれると気づきました。「教育は貧困や不平等の影響を軽減させることができるベストなツールの1つなのです。」