若者たちは仕事の将来についてどのように再考しているか

仕事の将来について話す時、未来を作る若者からの考え方、アイディア、解決策を含めることは重要です。2017年のユースサミットで見たように、若いデジタルの知識が豊富な世代ーミレニアル世代、Y世代もしくはZ世代と呼ばれる世代ーは地球的課題に取り組むための解決策を共有しました。2日間のイベントはテクノロジーの活用や発展のインパクトの革新について若者が議論することを歓迎しました。この記事で、私たちは雇用創出の観点から、サミットのグローバルコンペティションのファイナリストにインタビューをしました。

家事労働者を形式的な経済に取り込む

家事労働者を雇用するにあたって、Uberのようなプラットフォームについて考えたことはありますか?高齢化が進んでいるマレーシアでは、数え切れないほどの家族が家事労働者のサービスに頼っており、労働者の多くは他の東南アジアの国から移住してきた女性です。これはクアラルンプール出身のZenna Lawに共鳴し、彼女はPink 立ち上げました。

最初の目標は、虐待的な労働条件になりがちな家事労働者のセクターを正式なものにすることです。Pink Collarは労働者も雇用主も平等にサポートし、倫理的な仕事関係を構築する案内をします。Zennaは「全ての火事労働者がいつの日か人生においてより良い地位を獲得し、最終的には社会的な不平等さのループを打ち破りたい」と願っています。彼女の考えはユースサミットオーディエンスアワードを勝ち取りました。

女医のために柔軟性のある労働条件を支援する

パキスタンでは、多くの国と同じように、中低所得者は質の高いヘルスケアの恩恵を受けることに制限があります。それと同時に、多くの女性医師が、子育てのために仕事を辞めることを選択するのです。

健康政策管理の修士課程を卒業したMakkiya Jawedは市場のギャップに気づき、放棄されたり弱いグループをターゲットとした国中のヘルスセンターのネットワークを作りました。

全て女性で運営されているSehat Kahaniでは、女性医師が在宅でフレキシブルなスケジュールで働くことができ、手頃な料金で利用できます。創設以来、15のセンターで600,000人以上の患者に対応してきました。26歳のMakkiyaは「女性が自分を優先することを恐れず、心の声に素直になることができるような世界。そしてすべての人が健康にというコンセプトだけではなく、実際に必要な人が利用できるような世界」を目指しています。ユースサミットの審査会はこの素晴らしいアイディアを表彰しました。

作物保険のためにハイテクソリューションを使う

約20億人の小自作農家が農作業において雨を頼りにしています。作物保険は不確実な荒天による被害を緩和させるためのものですが、小さな農家には手が届かないこともあります。

テクノロジーはどのように彼らを救うことができるでしょうか。

OKOの共同創設者であるSimon SchwallとRodrigo Garcia Ayalaは衛星画像とモバイル・テクノロジーを使ってリアルタイムの警告と支払いを行い、干ばつに対する保険の発行と過度な雨量を効率的に処理するプラットフォームを作りました。2人のパートナーはこのプロジェクトをマリとボリビアで開始しました。Schwallは「気候変動によってもたらされる課題を軽くするためにこの作物保険の機会を追求して」と仕事をスタートアップの時点で離れました。

人々によって人々のためにエネルギーを再生する

最大の国有の送電網を持つ国の1つであるインドでは、20代の2人の友人が昨年の夏に清華大学で出会い、Anant Ujwalaを作りました。

このプロジェクトは、ソーラーシステムを解禁し、どの家庭でも自家発電をすることができ、電力を売ることができるようにすることを目的としています。このブロックチェーンを基礎とした解決策を使うことで、インド人プロシューマー(プロデューサーとコンシューマー)は分散したエネルギーシステムで電力の売買を行うことができます。Krishit AroraとEshwar Agarwalは「私たちの知識を、私たちのコミュニティで起こっている緊急の問題を解決するために」使うことを夢見ています。彼らの考えはエネルギー部門での新たな雇用の創出にも繋がりそうです。

クラウドファンディング教育のためのアプリケーション

Fezeka Stuurmanは教育とすべての人に教育の機会が均等になるようにと情熱を持っています。彼女は「警告すべき52%の退学」という南アフリカの教育システムについて強い懸念を示していました。彼女は持続可能な開発についての研究を大学院で修了後、プロジェクトを始動しました。それは所得が低い家庭の子供たちをスポンサーと繋ぎ、ヘルスケアや食事などの生きていく上で必要なものをサポートしてもらい、学校に通わせるというものです。

Fezekaは教育は人生を成功させるチャンスを増やし、雇用機会に恵まれると気づきました。「教育は貧困や不平等の影響を軽減させることができるベストなツールの1つなのです。」