カテゴリー
仕事の種類

2018年に東南アジアで給与が高かった7つの仕事

東南アジア諸国連合(ASEAN)には、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ミャンマー、シンガポール、カンボジア、ラオス、ブルネイ、ベトナムの10カ国が加盟しています。経済格差だけではなく、言語や民族が多様であるにもかかわらず、東南アジアの国々は、数え切れないほど文化や歴史に似ているところがあり、資源やビジネスネットワーク、貿易関係などを共有することで共に歩んで来ました。旅行や娯楽に関しては、この熱帯地域では美味しい食事、温かい人々、驚くような名所を楽しむことができます。これらの組み合わせで、あなたの胸は高鳴り、東南アジアの美しさに恋に落ちてしまうでしょう。

経済成長による雇用の拡大

近年、ASEANは目覚しい経済成長を遂げ、世界でも7番目に大きい経済圏となりました。様々な要因によって、この経済発展が成し遂げられています。

この継続的な経済成長は雇用の拡大につながり、求職者にとっては多くの選択肢がある状況になっています。以下、東南アジアで給与の高い仕事のリストです。

1. ホテルやリゾートの管理

ビーチや食事、気候を楽しむための東南アジアの観光客の増加はホテルやリゾート業界に新たな道を開きました。地域の豪華なホテルに限らず、ゲストハウスやブティックリゾートの人気も高まっています。アジア太平洋地域は世界の中でもホテル市場が急速に成長した地域の1つであり、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ベトナム、タイの5つの主要な国は東南アジアに属しています。ホテルやリゾートの管理人の需要は、この成長によってとても高まっています。ホテルやリゾートの運営の経験が豊富な人の需要は引き続き高くなるでしょう。平均的に、給与は50000ドルほどになります。国を選べば、このような高い給与で仕事を楽しむことができます。

ベトナムのホテル・ゲストリレーション求人情報(リンク:キャリアリンク ベトナム)

2. ツアーガイド

多言語を話すことができ、東南アジアの情報を伝えることが好きで、マネジメントスキルがあるのなら、ツアーガイドとしてのキャリアを選択することができます。これはあまり人気のある選択肢ではないかもしれませんが、適任者には高い給与が支払われます。仕事内容は、世界各地から東南アジアへ旅行に来るツアー団体のアシストと引率です。この仕事では、世界中の人々と会うので、それぞれの国の人にどのように対応することが最善なのかを知る必要があります。スケジュールにもよりますが、一般的にツアーは1~2週間の日程で組まれています。必要不可欠な役割であるツアーガイドには、年間30000ドルから60000ドルが支払われます。仕事を楽しみながら、約束された給与も楽しみにできる仕事です。

アジアの旅行・サービス関連職の求人/転職情報(リンク:カモメ)

3. ウェブデベロッパー

東南アジアの経済が繁栄していることを受け、企業は行動の1つ1つに慎重になっています。目立つため、製品やサービスを市場に出し、潜在的な顧客とつながるための方法の1つとして、オンラインの活用が必須です。企業は最新のテクノロジーを活用し、他企業よりも前進するために、ウェブデベロッパーの助けを必要としています。ウェブデベロッパーの仕事は、企業の情報を顧客に正確に伝えるため、ウェブサイトの変更、暗号化、デザインなどです。簡単に操作ができるウェブサイトは、売り手と買い手間の信頼関係を構築します。また、仕事をこなすために技術的なスキルも必要とするtめ、東南アジアでは高所得の仕事の一つであります。平均的な年収は12000ドルから13000ドルでスタートします。またアートに長けている人には、さらに上乗せされるでしょう。

タイのIT/ICT求人情報(リンク:キャリアリンク タイランド)

4. 日本語教師

東南アジアでは日本への送り出し機関がブームになっていることを受け、日本語教師の需要は高まっています。東南アジアで日本語教師の需要が高い国トップ3は、ベトナム、タイ、カンボジアです。これらの国々での日本語教師の初任給は月800ドルから1300ドルで、いくらか貯金をしながらでも快適な生活ができる水準です。国によって条件は様々ですが、1つ共通しているのは4年制大学の学位と日本語教師関連の資格取得を必要条件としています。

ベトナムの日本語教師求人情報(リンク:ベトナム日本語教師.com)

5. 翻訳者

繰り返しにはなりますが、東南アジアの観光業の成長によって、世界中の様々なバックグラウンドを持った人々がこの地域を訪れることに魅力を感じています。観光ビジネスでは訪れた人々に十分な経験をしてもらうための翻訳者を探しています。関わっている人々が共通言語を持たない場合、外国人投資家とビジネスをすることは難しいです。英語だけでなく現地語の才能がある人には、十分な給与が用意されており人材紹介会社に登録することをお勧めします。

6. コールセンター代理店

英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、日本語に長けている人には、東南アジアのコールセンターで働くという選択肢があります。経費削減のため、数多くの世界中に顧客を持つ企業のコールセンターが東南アジアを拠点としています。コールセンターではアメリカ、イギリス、ヨーロッパ、日本からの受電をしています。コールセンターの給与を少なく見積もってはいけません。初任給は月400ドルで、代理店の業績によってはさらに増額します。また、素晴らしいインセンティブやその他の福利厚生も用意されています。

7. フィットネスインストラクター

ヨガやクロスフィット、ズンバのレッスンを教えることで、自然と繋がり、体と心の浄化をすることができます。インドネシアやタイなどの国では、観光客の要望により、フィットネスインストラクターに需要が高くなっています。一般的に時給7ドルで、年収にするとそれなりの額になります。教えれば教えるほど、収入が増えることになります。

東南アジアは豊富な仕事と約束された給与で、生活を楽しむことができる場所です。このリストを、東南アジアでの就職活動のきっかけにしてください。幸運を祈ります。

カテゴリー
今後の動向

東南アジアにおいて今後成長が期待される仕事と衰退していく仕事

技術、自動化、分裂。これらは時代を象徴する言葉であり、1つのことを示唆しています。それは、未来の雇用市場において確かなことは何もないということです。

世界経済フォーラムの推定では、次の4年間で7500万の仕事で解職が起こり、技術的発展の結果、世界的に1億3300万の新たな仕事が作り出されると予測されています。

この移り変わりが顕著に表れるのが、東南アジアであると推測されています。

変化に取り残されないために、この地域では農業関連の仕事からサービス的な役割にシフトしていく必要があります。

Oxford Economicsとアメリカのテクノロジー会社の新しい報告によると、この変化によって、2800万のフルタイムの仕事で解職が起こり、それらは次の10年で地域の経済を代表する6つの経済で起こると言われています。

この数字はインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの労働人口の10%ほどに相当します。

いかにも、この変化によって、成長産業においては新たな仕事が出現します。しかし、必要なスキル不足や異なる役割への移行によって、660万人の失業を引き起こすことが、研究によって明らかになりました。

この変化への挑戦は、どの仕事が未来に残り、その仕事を維持するためにはどのようなスキルが必要なのかを明確にすることです。東南アジアのCisco代表であるNaveen Menonに話を聞きました。

仕事の機会

ここ数年で最大の機会を提示されている産業は、地域の豊かさが増し、製品や経験に対する人々の需要を繁栄していると報告されています。

「新たなテクノロジーが導入されると、生産性の向上が生産費を抑え、製品やサービスの価格が安くなります。そうすると、可処分所得が上がるので、消費の促進につながります。これが新しい仕事のを作り出すのです。」とMenonは説明します。

より具体的に言うと、これらには小売や卸売、製造業、建設業、輸送産業が含まれています。地域の小さなIT、金融、芸術セクターでも恩恵があるでしょうと報告されています。

これらの産業の多くは技術を必要とし、顧客と向き合う職業ですとMenonは言い、これらの職業でキャリアアップを望む場合は新たなスキルを身につける機会を見つけるべきだと言います。

これらのスキルには、プロの訓練だけではなく、コミュニケーション力やクリティカルシンキングなどのソフトスキルも含まれると彼は言いました。

失業

ある産業では重大な失業に直面することになり、スキルの低い仕事、自動化に弱い仕事は衰退していくと報告されています。

主に、農業系、清掃員や機械オペレーター、取引労働者などの労働集約型の職業が含まれます。

この移行は世界的に起こっていますが、東南アジアでは特に難しい問題となっています。この地域では未だに大部分を長年の農業セクターに頼っているからです。

「ASEAN主要6カ国(東南アジア諸国連合を率いている主要6カ国)の農業セクターには7600万ほどの仕事があります。3分の1は労働者で、この仕事は、日課がありコード化できる力作業が多いため技術の発展によってなくなる可能性が高いです。」と報告されています。

地域別内訳

インドネシアは人口密度の高い地域で、予期できる配置転換の影響を大きく受ける国となりそうです。950万の仕事がベトナムやタイよりも上位にあり、その仕事はスキルの低い農業関係の労働者です。

しかしながら、人口の少ないシンガポールでは、技術的混乱の影響が急速に広がるという予想もあります。都市国家は21%のフルタイムの仕事が次の10年で入れ替わると予想しています。

それは、シンガポールがすでに「技術的進歩の先駆者」であるということと、「技術的に追いつけ」というよりも新たな革新やオーバーホールプロセスを実行しているということが関係していると報告されています。

「労働人口のトータル数の割に、そしてすでにスキルの高い労働者がいるにもかかわらず、シンガポールは技術的な挑戦に直面しています。なぜなら、新たな仕事の多くは高技術ののプロと管理職を作り出しているからです。」と報告されています。

今後の展望

ここ数年で予想される主要な移行は、ビジネスにも労働者にも挑戦を突きつけることになります。しかし、このシナリオが挑戦を表している一方で、Menonは楽観的になる理由もあると話します。

「この変化の結果はASEANの労働者が、今よりも高い価値の仕事ができるということです。」とMenonは言います。

世界でも急速に成長した経済のホームである東南アジアにとって、これは広く影響があるでしょう。

「この地域の長期的な成長を維持する手助けになるでしょう。」と彼は言いました。

カテゴリー
仕事の種類

東南アジアで生活することができる15の仕事

東南アジアでの休暇を長期滞在にしたいですか?新たなホームや旅の途中でできる仕事のリストをチェックしてみてください。新たな旅を始める前には、法的な手続きや労働許可証の取得も忘れずに。

ダイビングインストラクター

多くの人々が自分探しのために休暇に美しい熱帯の島を訪れます。完全な資格のあるダイビングインストラクターは、給与が高いタイのタオ島だけではなく、海の近くであればすぐに転職することができます。

ジャーナリスト

ローカル局だけではなく、国際的な報道機関でも外国人ジャーナリストの需要はあります。もししばらく滞在する予定があるのなら、地元の報道機関に就職し、旅をしながらリポートするという仕事にチャレンジしてみましょう。地域の文化に浸ることができるだけではなく、あなたのキャリアにもつながります。

教師

東南アジアに住んでいる外国人に一番人気がある仕事は教師です。教師のポジションは、小切手でしっかり給与が払われるという安定だけではなく、ビザや労働許可証の手続きも適正に行われます。

フォトグラファー

ジャーナリストのように、外国人フォトグラファーは価値があり、地元局や国際的な報道機関で雇用されています。もし食事、人々、自然などの写真が好きならば、これらに関係のある仕事は豊富にあります。

DJ

DJの経験があるのなら、東南アジアでもDJとして働いてみるのはいかがでしょうか。「国際的な」DJの魅力は、どこへ行っても温かく迎えてもらえることです。

ツアーガイド

あまり人気のある選択肢ではありませんが、もし多言語を話すことができる、もしくは母国で旅行代理店などで働いていた経験があるのなら、良い選択肢になります。自分では訪れないような所にも仕事で行くことができるというメリットがあります。

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは地元企業かフリーランスとして顧客のために働くのか選択することができます。どこでも仕事をするのが好きで、バーツやドンで稼ぐよりもドルやポンドで稼ぎたい場合は、母国に何人かクライアントをキープしておくと良いでしょう。

通訳

言語に長けているのなら、稼ぐことができます。地元または国際的な企業が、出勤だけではなく在宅でも通訳を雇っています。履歴書であなたのスキルを強調し、応募してみましょう。

バーテンダー

他の専門職と同様、外国人がバーテンダーをすることが違法な国(例えばタイ)もあるので、飛行機のチケットを予約する前に、確認する必要があります。カンボジアの シアヌークビルやベトナムにあるバーのように、給与は高くありませんが、住むところと食事は無料の場合が多いです。

ホテルやリゾートの管理人

これは世界的に有名なハイブランドのホテルだけではなく、地域のブティックリゾートやゲストハウスにも当てはまります。好きな場所を選んで、夢のようなところに住むことができます。

慈善活動

仕事に関係した多くの慈善活動が東南アジアにはあります。この分野で働くことに興味があるのなら、関連のある仕事のサイトを定期的に確認してみましょう。

コールセンターの仕事

しばらく滞在する予定があるのなら、コールセンターは良い選択肢になるでしょう。国際的な顧客を抱えているコールセンターは、経費削減のために東南アジアに拠点を置き、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語を話せる人を雇い、イギリス、ヨーロッパ、アメリカからの電話に対応しています。

フィットネスインストラクター

ズンバからクロスフィットまで、フィットネスのクラスを教えている移住者はたくさんいます。9時から5時までのストレスの溜まる仕事に嫌気がさした人がヨガの先生になり、タイのチェンマイのジャングルや山奥や、精神のハブと言われているインドネシアのバリ島にあるウブドで活動しています。

フリーランスの作家や編集者

どこでも働くことができる遊牧民のような生活です。1日だけチェンマイのコーワーキングスペースを借りたり、ベトナムのビーチで働いたりと、世界はあなたの思いのままです!

アフィリエイトマーケティング

アフィリエイトマーケティングは、ノマドの間で最新の流行となっています。心の中に思い浮かぶ製品があり、アマゾンやビットコインの知識があるのなら、あなたが待ち望んでいた大当たりに出会えるかもしれません。

カテゴリー
考察

アジア人はどのように仕事を探すのか、そして仕事について知っておくべき3つのトレンド

仕事を見つけるにあたって様々な手段が急増していますが、いくつかの方法は他のものと比べて人気があります。全ての国に共通した手段があるわけではなく、フィリピン人が求人情報を見る上で好むものは、シンガポール人、タイ人、マレーシア人の好みとは異なる場合もあります。以下のインフォグラフィックで、アジア人が仕事を探す上で使う手段を見てみましょう。

国ごとの就職活動で人気のある手段(上から人気順)

  • オンラインの仕事情報
  • 企業のウェブサイト
  • 紹介
  • 転職エージェント

以下、アジアの求人市場における3つのトレンドです:

・求職者は常に新しいキャリアの機会を見張っています

最近の研究では、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの8000人以上の求職者はこの文章に同意するかしないかを尋ねられます。「来年今の仕事/雇用主の元を離れるつもりはありません。」

ひょっとすると驚かないことかもしれませんが、全ての求職者は満場一致でこの文章に同意しません。ほぼ全ての回答者は「仕事市場を見ていきたい」という強い希望を持っています。

・雇用主の転職の優先度

同じ研究で、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの約3000人の雇用主が転職の優先度をリストから選びました。

インドネシアやマレーシアでは、2017年、多くの雇用主が「必要なポジションを埋めるため」という、雇用することを第一とし、「人員増加」というのも2番目に多くなっています。

一方で、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの多くの雇用主は「人員増加」を2017年の最優先としています。このグループのシンガポール以外の3カ国は「必要なポジションを埋めるため」が2番目になっています。

・雇用主に最も求められる能力

どのポジションを埋めることが一番難しいかと雇用主に尋ねたところ、インドネシア、マレーシア、フィリピンの多くの雇用主が監督者や専門家を雇うのが一番難しいと答え、シンガポールとタイの雇用主は中間職が難しいと答え、ベトナムはマネージャーが難しいと答えました。