カテゴリー
雇用機会

東南アジアで就職を簡単に決める5つのコツ

1. 職業名

東南アジアのビジネス文化において、職業名は重要な役割を果たし、象徴的なステータスにもなります。あなたの国で使われている職業名とは違うということを配慮し、応募条件の経験やスキルなどを見極める必要があります。

特に日本語とのニュアンスや言い方が異なるので注意が必要です。

2. ジョブポータルサイトで求人を見つける

LinkedInは東南アジアでは最大のプロフェッショナルが集まるソーシャルネットワークであり、仕事や雇用者を見つけるために1番使われているものです。
自らのポテンシャルに自信がある人や、プレゼン能力が高い(自己アピール力が高い)人でないと、いい仕事を見つけるのは困難です。

しかし、東南アジア地域には、有名なポータルサイトが幾つかあるので安心してください。

東南アジアの求人情報サイト キャリアリンクアジアは、ベトナムをはじめ、タイやフィリピン、マレーシア、インドネシアなどにおける日本人向け求人情報が多数掲載されています。

求人情報サイト JobDBは香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイにおいて中級から上級のマネジメントポジションの求人を探すことに向いています。(英語必要)

世界の国ごとの掲示板サイト 海外に住む日本人の掲示板

3. リクルート会社や重役斡旋会社と協力する

ヘッドハンターから電話をもらうということは、他の国では珍しいことかもしれませんが、東南アジアでは、シニアポジションや複雑な役職、人材不足から珍しいことではありません。

リクルート会社は市場の知識と企業風土に合った人材を見つける手助けをしてくれます。この売り手市場において、リクルート会社はあなたの企業が必要としている候補者選びを積極的に進め、契約に至るまで密に連絡を取り合います。東南アジアが異なる文化の集合体であることから、面接や応募においての違いを知るリクルーターはとても役に立ちます。

4. 給与の交渉

面接の最後に聞かれる、給与についての質問は求職者がもっとも嫌う質問です。ヨーロッパでは面接の最終ラウンドで聞かれる質問ですが、東南アジアでは事情が異なります。給与と福利厚生は最初の面接の終わりに話され、求職者が期待する給与の幅についてはしばしばCVに記載があります。

5. 継続

東南アジアにおいて、ジョブマーケットは求職者が優遇されているので、労働者にとって転職は簡単なことです。また、2~3月のボーナスの後が転職時期だと考えられています。

世界の他の国々と同様に、労働者の面倒見が良い雇用主の元では、継続率が高くなります。最新の国際従業員エンゲージメントの動向は、地域の雇用機会について価値ある洞察を発表しています。

カテゴリー
今後の動向

東南アジアにおいて今後成長が期待される仕事と衰退していく仕事

技術、自動化、分裂。これらは時代を象徴する言葉であり、1つのことを示唆しています。それは、未来の雇用市場において確かなことは何もないということです。

世界経済フォーラムの推定では、次の4年間で7500万の仕事で解職が起こり、技術的発展の結果、世界的に1億3300万の新たな仕事が作り出されると予測されています。

この移り変わりが顕著に表れるのが、東南アジアであると推測されています。

変化に取り残されないために、この地域では農業関連の仕事からサービス的な役割にシフトしていく必要があります。

Oxford Economicsとアメリカのテクノロジー会社の新しい報告によると、この変化によって、2800万のフルタイムの仕事で解職が起こり、それらは次の10年で地域の経済を代表する6つの経済で起こると言われています。

この数字はインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの労働人口の10%ほどに相当します。

いかにも、この変化によって、成長産業においては新たな仕事が出現します。しかし、必要なスキル不足や異なる役割への移行によって、660万人の失業を引き起こすことが、研究によって明らかになりました。

この変化への挑戦は、どの仕事が未来に残り、その仕事を維持するためにはどのようなスキルが必要なのかを明確にすることです。東南アジアのCisco代表であるNaveen Menonに話を聞きました。

仕事の機会

ここ数年で最大の機会を提示されている産業は、地域の豊かさが増し、製品や経験に対する人々の需要を繁栄していると報告されています。

「新たなテクノロジーが導入されると、生産性の向上が生産費を抑え、製品やサービスの価格が安くなります。そうすると、可処分所得が上がるので、消費の促進につながります。これが新しい仕事のを作り出すのです。」とMenonは説明します。

より具体的に言うと、これらには小売や卸売、製造業、建設業、輸送産業が含まれています。地域の小さなIT、金融、芸術セクターでも恩恵があるでしょうと報告されています。

これらの産業の多くは技術を必要とし、顧客と向き合う職業ですとMenonは言い、これらの職業でキャリアアップを望む場合は新たなスキルを身につける機会を見つけるべきだと言います。

これらのスキルには、プロの訓練だけではなく、コミュニケーション力やクリティカルシンキングなどのソフトスキルも含まれると彼は言いました。

失業

ある産業では重大な失業に直面することになり、スキルの低い仕事、自動化に弱い仕事は衰退していくと報告されています。

主に、農業系、清掃員や機械オペレーター、取引労働者などの労働集約型の職業が含まれます。

この移行は世界的に起こっていますが、東南アジアでは特に難しい問題となっています。この地域では未だに大部分を長年の農業セクターに頼っているからです。

「ASEAN主要6カ国(東南アジア諸国連合を率いている主要6カ国)の農業セクターには7600万ほどの仕事があります。3分の1は労働者で、この仕事は、日課がありコード化できる力作業が多いため技術の発展によってなくなる可能性が高いです。」と報告されています。

地域別内訳

インドネシアは人口密度の高い地域で、予期できる配置転換の影響を大きく受ける国となりそうです。950万の仕事がベトナムやタイよりも上位にあり、その仕事はスキルの低い農業関係の労働者です。

しかしながら、人口の少ないシンガポールでは、技術的混乱の影響が急速に広がるという予想もあります。都市国家は21%のフルタイムの仕事が次の10年で入れ替わると予想しています。

それは、シンガポールがすでに「技術的進歩の先駆者」であるということと、「技術的に追いつけ」というよりも新たな革新やオーバーホールプロセスを実行しているということが関係していると報告されています。

「労働人口のトータル数の割に、そしてすでにスキルの高い労働者がいるにもかかわらず、シンガポールは技術的な挑戦に直面しています。なぜなら、新たな仕事の多くは高技術ののプロと管理職を作り出しているからです。」と報告されています。

今後の展望

ここ数年で予想される主要な移行は、ビジネスにも労働者にも挑戦を突きつけることになります。しかし、このシナリオが挑戦を表している一方で、Menonは楽観的になる理由もあると話します。

「この変化の結果はASEANの労働者が、今よりも高い価値の仕事ができるということです。」とMenonは言います。

世界でも急速に成長した経済のホームである東南アジアにとって、これは広く影響があるでしょう。

「この地域の長期的な成長を維持する手助けになるでしょう。」と彼は言いました。