カテゴリー
労働環境

2018年アジアで働きやすい場所ベスト8

取るに足らない額のために好きでもない仕事をするのに疲れ切っていませんか?あなたの母国で9時から5時まで働くことに嫌気がさして、何か新たしいことを探していませんか?給与の半分を家賃に当てて、住んだところがノミだらけだったことはありませんか?もうそのような生活をする必要はないのです!これはクレイジーに聞こえるかもしれませんが、海外で働くという劇的なチェンジを考えてみませんか?

もし海外で働くことが初めてなら、アジアや南太平洋地域を探してみると良いでしょう。ここは経済やテクノロジーが光のような速さで成長している世界の中心なのです。この発展の結果、より多くの仕事が生まれました。アジアは地球上最大の大陸で、極東、東南アジア、西アジア、インド亜大陸で仕事は爆発的にあり移住者の人気が根強いです。

それぞれの地域でどのような仕事を見つけることができるでしょうか?

新しいことに挑戦し、多くのアジア人や島の人々と働く覚悟はありますか?わかりました。私たちの旅行者仲間が、2018年にアジアで働きやすい場所ベスト8を作成しました。

1. 中国

アジアの中でも働くのには最も良い国の1つである中国で生計を立てると決めたのなら、カルチャーショック(素晴らしいものです)に備えておきましょう。朝ごはんはシリアルではなく麺を食べ、英語の代わりにマンダリンか広東語を話します。長年の文明と超現代都市が広がる中国は働く上で最も魅力的で、手頃な場所の1つです。英語を教えることは国中で需要があり、ビジネスの中心地である上海や香港でも仕事を見つけることができます。驚くような食事(本当の中華料理は天国です)と世界最大で影響力のある文化への識見はとても価値があるものです。

中国の仕事を全て見る

2. 日本

英語を話す人のための仕事をアジアで探していますか?日出ずる国で挑戦してみるのはどうでしょう?日本は第二次世界大戦の敗戦からすぐに復活し、世界を牽引する経済の1つとなった驚くべき国です。今日、フォースが確かに共にいる場所のままです。スノーボードを北海道で教えるか、東京で英語を教えましょう。ボーナス:日本語検定のN1かN2を取得すると、仕事の幅はとても広がり、ビジネス、メディア、エンターテインメントなど様々なポジションがあります。

日本の仕事を全て見る

3. タイ

心配しないでください。私たちは白い砂浜、黄金の寺、猿、素晴らしい緑の山頂にいる僧侶を夢見てきました。この夢を現実にしませんか?微笑みの国は東南アジアで仕事を始める上で完璧なスタート地点となります。アジア文化に足を踏み入れるのには一番人気がある場所で、タイの人々や移住者のコミュニティーはそこで働きたいという外国人に優しいです。また、伝統的なフルムーンパーティーや楽しい屋台、水上マーケット、仏教の修道院などによって、アジアの中でも住むにはベストな国の1つとなっています。

タイの仕事を全て見る

4. 韓国

Psyの母国ということは、アジアで仕事を探している外国人にとって何よりも魅力的なはずです。アジアの虎として、韓国は岩のような固い経済で、英語を教えたり、ビジネス、テクノロジー分野で多くの仕事があります。それだけではなく、ソウルは住む上で地球上で最もスリルのある場所の1つです。そこは眠らない街で、ギザギザとした山脈、そして世界で最も議論を呼ぶ国境DMZがあります。プロによるアドバイス:この国は英語教師の給与が高いことで有名です。

韓国の仕事を全て見る

5. インド

何世紀も、インドは世界中の旅行者の興味をそそっています。滞在者や移住者はその魅力や複雑さ、矛盾を十分に理解することはできません。さらにインドは、急騰する経済やテクノロジー、科学、研究の発展により、アジアの中でも働きたい国のトップにいます。ニューデリーでの派手な金融の仕事やバンガロールのITのポジションを探してみましょう。もし、より早く仕事を見つけたいのなら、ムンバイのボリウッドのダンサー、スポーツアカデミーの管理、インド人生徒に向けたメイクアップ講座の講師という選択肢もあります。

インドの仕事を全て見る

6. ベトナム

短期間の仕事を探していたり、夏季の仕事をアジアで探しているのなら、ベトナムをおすすめします。2018年にアジアで仕事をする上で良い場所の1つになっている理由はなんでしょうか?ベトナムの自然な美しさ、興味深い歴史、そしてデジタルノマドのホットスポットとなっていることが勝因です。移住者はアジアのアメリカ人のための仕事をハノイ、ホーチミン、そしてフエなどの小さい都市で見つけることが多いです。大都市では、英語を教えたり、IT、ビジネス、金融、エンジニア、建設業、農業の仕事を見つけることができます。行く前に、いくつか重要なベトナム語のフレーズを覚えておくことで、木から落ちた猿のようにはならないでしょう。

ベトナムの仕事を全て見る

7. フィジー島

まだ南太平洋地域の夢のような目的を探していますか?オーストラリアやニュージーランドで仕事を探すことにこだわるのをやめ、フィジー島にBulaと言いましょう!ビティレブ島は主要な島で、英語を教えることができます。小さな島々ではPADIのインストラクターになることができます。フィジー島はとてもユニークな文化を持ち、原住民であるフィジー人、インド人、中国人、トンガ人、そしてヨーロッパ人の影響を受けています。フィジー人はとても友好的なので、すぐにコミュニティーの一員になることができるでしょう。

フィジー島の仕事を全て見る

8. ネパール

アジアで働くことを検討し、世界の中の世界を探しているのなら、インドと中国の間にあるヒマラヤの国、ネパールで挑戦してみてください。2015年に地震があったにもかかわらず、祈祷旗、雪に覆われた山頂、そしてバターティーが有名なこの山国は、TEFLの教師にとって完璧な夢の場所です。ドクター・ストレンジに出てくるカトマンズのような場所で仏教の僧侶や小友たちに英語を教えることで、本当の違いがわかるでしょう。

ネパールの仕事を全て見る

カテゴリー
労働環境

東南アジアの形式ばらない仕事の良い面と悪い面

・非公式の仕事は過去5年の東南アジアの経済の低迷の衝撃を和らげてきました。

・マレーシア人は失業者の増加に伴い、特に若者の間で仕事や給与の展望に関心があります。

・アセアン5の輸出の増加は、求人市場の改善がすぐそこまできていることを示唆しています。

物売りが食べ物や服、安物の宝石などを売っています。田んぼで働く日雇いの労働者は仕事の確保ができていません。乳母は工場で働くブルーカラーの両親を持つ子供の面倒を見ています。これらは東南アジアの経済成長が止まってもあまり関係のない人々です。

これらの非公式のセクターの雇用は、ASEAN地域に住む人々にとって、5年のGDP成長の停滞後、経済的政治的混乱を防ぐ助けとなってきました。1億3200万人の労働力を有し、ASEANの中でも最大の経済圏であるインドネシアは、GDPの成長率が下がったにも関わらず、失業者を減らしました。

インドネシアの回復は、工場、炭鉱、大規模農園から雇い止めにあった新たな世代の労働者を非公式の仕事に吸収したことが要因です。2月のインドネシアの非公式セクターの雇用は労働人口の52%

ですが、2016年の8月には57.6%に増加しています。2016年2月から今年の2月の間、非公式のセクターには240万の仕事が追加されましたが、公式のセクターには160万しか追加されていません。これはフィリピン、タイ、ベトナムでも同じようなことが起きています。

悲観的なマレーシア人、若者の努力

しかし、マレーシアではASEANの他の4国とは異なる状況です。6月の失業率はたった3.4%でしたが、近年の成長の停滞とともに少しずつ上昇しています。

マレーシア人は仕事や給与の展望について、他の地域と比べると悲観的な人が多いとFTCRの調査が明らかにしています。75%近くのマレーシア人が仕事を見つけるのは難しいと回答しており、60%のインドネシアやタイに比べると、その割合は高くなっています。

これらの発見はマレーシアの労働市場がどれほど経済の停滞の影響を受けているのかを示し、比較的進んだ工業科と世界経済との統合の結果だということを明らかにしました。マレーシアの発展の深さは公式の仕事の量に反映されていて、総労働力の88.6%です。

マレーシアの失業は若者の間で特にひどいです。公式データによると、2016年の若者の失業率は12.1%で、全体の労働力の4倍以上になっています。私たちの調査で、18歳から24歳のマレーシア人は他のASEAN5国の若者と比べても、仕事に対する懸念が多いことがわかりました。

国の中央銀行であるマレーシア国立銀行の最近の調査で、レベルの低いスキルが必要な仕事の創出と産業に準備のできていない卒業生の不適当な供給が若者の失業を助長していると明らかにしました、マレーシアは技術を要する高給の仕事への高い質の投資を引きつけることはありませんでした。

給与の問題

非公式のセクターが厳しい時期でも緩衝材として必要不可欠であるにも関わらず、1億人以上が仕事の確保や健康保険、労働保険を受け取れずにいるということです。インドネシアでは7270万の非公式のセクターの労働者のたった1.9%が労働者を保護する代理店のメンバーとして登録しています。

非公式のセクターの仕事は、給与が低く、昇給も見込めません。これは大きな非公式のセクターに労働者が流入しているということです。私たちの調査では、マレーシア人のたった15.3%が他の仕事への転職を考えていますが、フィリピンでは28.9%、インドネシアでは25.3%という結果が出ました。転職を考えている人にとって、給与の低さは1番の理由で、2番目はキャリアが見込めないことと、別のキャリアへの希望となっています。

非公式のセクターの仕事への転生はASEAN5国において給与が低いことがわかっています。私たちの調査では、世帯収入の増加がタイで最もゆっくりで、ついでマレーシア、インドネシアとなっています。

前向きな転換

東南アジアの輸出の需要の回復は仕事の展望と収入レベルを改善していくと見られています。マレーシア、タイ、ベトナムなどの輸出額の対GDP比が高い国はその恩恵を受けています。

2017年の上半期、マレーシアの総輸出は20.9%となり、前年同期と比べると1.4%上昇しました。この結果は、マレーシアのGDPを予想以上に拡大させました。今年の年間のGDP成長は4.8%になると予測しており、これは2016年の4.2%に比べても過去最大の成長になると見られています。

この成長が失業を減らすことになれば良いのですが、若者の失業率を10%未満にするのは難しいでしょう。

貿易はベトナムの強みとなっていて、輸出は上半期で13.1%上昇し、前年同期比2.3%アップとなりました。一方、タイでは貿易の成長率が上半期は7.8%隣、過去6年で最速のペースです。

似たような傾向はインドネシアやフィリピンでも見られていますが、労働市場の拡大は輸出頼りではなく、家庭消費となっています。インドネシアでは、過去3年の緩やかな給与の上昇と急速な通貨の価値低下によって圧力がかかっています。