カテゴリー
今後の動向

全てのリクルーターが知っておかなければならない東南アジアの労働市場の7つのトレンド

2018年も第二四半期に入り、すぐに上半期が終わってしまいます。リクルーターとして、労働市場の最新のトレンドを知っておくことは、才能のある人を勝ち取る上で重要です。しかし、多くのリクルーターは日々の仕事に追われ、トレンドに目を向ける時間がありません。

幸運なことに、キャリアリンクアジアによって行われた2018 Job outlook & salary surveyのおかげで、リクルーターは今年の残りの日々に役立つ重要な労働市場のトレンドを簡単に知ることができます。7カ国から4692人の候補者と624人の雇用主が調査に参加し、全てのリクルーターが知っておかなければならない労働市場のトレンドを7つ発見しました。

1. 全体的な雇用のあらまし

アジアの全体的な雇用のトレンドは明確で、65%の雇用主が雇用率の維持または上昇をすると回答しました。さらに、「雇用の凍結」が見られたのはたった7%で、28%は必要なポジションの配置換えのみ雇うとし、地域での活動を活発にすることを断言しています。

これらのアジア経済にとって、楽観的な見通しの鍵となるのは、新たに制定された税制改革法です。これによって消費の拡大、地域のビジネスの拡大、起業の増加、製造業などの発展、海外企業の進出などにつながり、結果、雇用創出と多様なスキルのニーズが高まると見られています。

2. 雇用時期

2018年の第一四半期は雇用のピークとされ、その後は落ち着きつつあります。

2018年の中で一番ピークの月は3月で、調査された16%の雇用主がこの月に雇用することを好んでいます。なぜなら、多くの労働者は13~14ヶ月の勤続ボーナス(1月に支払われることが多いです)を受け取った後やめてしまうことが多いからです。

もう一つ考えられる理由は、アジアの多くの労働者は2月に祝われる春節のお祝い後に辞職することが多いからです。春節が終わり、新たな年を迎えるにあたって新たなキャリアを検討することは、アジアの労働者にとっては人気の文化となりつつあります。

興味深いことに、この調査で雇用主の11%が雇用活動を6月にすることを好むということも明らかになりました。これは大学を卒業してくる新卒者が6月に増えるということが理由でしょう。また、中間ボーナスをもらって離職する労働者がいるという点も関係しています。

雇用活動は2018年の第四四半期にはスローペースになり、5%の雇用主が10月に、4%が11月と12月に行うと回答しています。これは年末の休暇時期に重なることから、この時期に離職する人は少ないため、本当に欲しい人材がいない限りは活動しないようです。

3. 好まれる就職活動の手段

GoogleとTemasekの報告によると、東南アジアは世界で3番目にインターネットの利用者が多いと言われています。2017年12月は3億3000万人がインターネットを利用し、2018年にはモバイルインターネットの利用が増えたため、インターネットを使った就職活動が求職者(36%)にも雇用主(52%)にも好まれていることは納得できます。

実際に、最近のオンラインの仕事情報は技術の進歩により、ターゲット選定をすることができます。さらに、いくつかのオンラインの仕事の掲示板では特定のバックグラウンドや産業に特化して検索し、メッセージのやりとりをすることも可能で、直近の求職者だけではなく、過去のものまで見ることができるので、リクルーターには力強いツールとなっています。

紹介によって就職活動をしたり(15%)、求人活動を行う(15%)ケースも多く、好まれる手段のトップ3に入ります。さらに、オンライン上で企業の求人情報を直接検索するという手段も人気で、18%の求職者がこの手段を利用し、11%の雇用主がこの手段を利用して雇用していると回答しています。

4. 求職者の就職活動

地域のインターネットの利用の増加に伴い、求職者はオンラインジョブポータルを使い、仕事の応募をするときに雇用市場の選定を行なっています。調査が明らかにしたことは、タイではオンラインでの応募が一番多く、6.02ポイントが新しい仕事に応募するときにオンラインジョブポータルを利用すると回答しています。この回答方法は、1~7のスケールで、1は全くそう思わない、4はどちらとも言えない、7が強くそう思うという評価で回答してもらいました。

この調査では、多くの求職者が現在の仕事や雇用主の元を離れるつもりだと結論づけています。平均のスケールが5.70と5.51となり、7カ国全てで求職者が常に新たな仕事に応募する機会を探していることがわかりました。実際に応募していない人にとっても、7カ国の平均スケールは4.30で、自分に合った仕事があれば、キャリアの変更に前向きであることもわかりました。平均が3.41という数少ない求職者は来年今の職を変える気は無いと言っていました。

5. 雇用が盛んな産業

リクルーターは、雇用が盛んな理由について、急成長によるものなのか、適格な人材の不足によるものなのかを覚えておくべきです。雇用が盛んな産業のトップは、金融、財政、製造業、ヘルスケア、IT関係のサービス業となっています。それから次いで、貿易と流通、建設業とエンジニア、教育、小売、マーチャンダイズと卸売業です。

近年、今回調査した国々では外国からの投資が多く、特に急成長した中国の企業が香港へ進出し雇用機会を促進しています。ITの専門家は、企業がより多くのデータを取り扱うようになってからは需要が高くなりました。

キャリアリンクアジアによる歴史的な求人広告のデータによると、製造業の雇用は、コスト削減や国内消費の促進、インフラ整備のために多くの製造業者が東南アジアに流入してきたことから、盛んになっています。また、デジタルトランスフォーメーションによって消費者がデジタルバンキングや財政サービスを使うようになり、IT産業、金融業、財政部門での人材の需要も増えています。

興味深いことに、シンガポールはヘルスケア部門の雇用が活発な唯一の国です。世界規模の医療機関があることで知られているためでしょう。さらに、シンガポールの高齢者人口の増加が著しく、ヘルスケアの専門家の需要は今後も増え続ける見通しです。また教育にも力を入れている国なので、教育分野の雇用も増加しています。

マレーシアは製造業、金融業、財政業、建設業やエンジニア部門での雇用に力を入れています。これは国の成長率が2017年に5.7%を記録して以来、製造業が拡大しており、それに伴って財政分野でも雇用が拡大しています。マレーシアの製造業も雇用の拡大が続く見通しで、これは現在進行中のプロジェクトや政府の鉄道関係のプロジェクトによるものです。

インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピンでは小売業や卸売、マーチャンダイズが高い雇用率を有しています。これは伝統的なレンガやモルタル小売店が未だに経済の中で根強く影響しているためだと考えています。

6. 最も求められている専門家

キャリアリンクアジアによる歴史的な求人広告のデータは、セールスやマーケティング、ビジネス開発、財政や会計、顧客サービスや管理についての専門家の需要の高さを明らかにしました。これは2018年の残りの日々でも続くものだと思われます。

他に需要が高い専門家は、管理者やHR、ITやエンジニアです。ITは香港、マレーシア、ベトナム、フィリピンで需要が高く、この地域ではデジタルトランスフォーメーションがトレンドとなっています。HRの専門家でビジネスの知識が豊富な人は、香港やタイで仕事を見つけやすくなっています。

7. 高度成長した産業

キャリアリンクアジアによる歴史的な求人広告のデータは、昨年様々な産業が成長しました。高度成長率は拡大を示唆し、特定の産業ではビジネスサイクルの中で上り調子です。このトレンドに乗ることで、リクルーターはトレンドの先端にいることができます。

インドネシアとシンガポールでリクルーターは、会計、監査、税金関連の仕事に目を向けておく必要があります。これらの業界は204%の成長率を記録し、求人を85%成長させました。

コンサルティングはマレーシアで需要が高く、昨年の求人率は46%と他の業界よりも先を行っています。一方でコンピューターやIT関係の仕事の求人はフィリピンで多くなっています(+19%)。

建築や建設業はタイで需要が高く、昨年の求人は130%となっています。ベトナムは保険に特化した仕事の需要が高まりつつあり、求人は74%に上昇しています。

リクルートというのは、単に適格な人材を野党だけではありません。トレンドに敏感になり、戦略的な雇用プランを立てることも重要な役割です。リクルートは最新のトレンドや労働市場の需要によって定期的に変化していきます。リクルーターとして、トレンドを理解することは他リクルーターよりも前に進むことができます。

カテゴリー
今後の動向

東南アジアの雇用市場の明確な見通し

全面的に、多くの市場で政治的経済的に不穏なことがあるにもかかわらず、東南アジアでの活動ははっきりし続けています。このような感情的な変動の間、相対的な雇用活動は明確で、2016年もこの傾向が続くと信じることができる理由があります。

候補者が集まる地域

2015年、多くのASEAN市場では、プロや管理職レベルの雇用は活発でした。私たちは特にインドネシアで明確な発展を目にし、たい、ベトナム、ミャンマー、フィリピンでもその傾向が見られました。マレーシアでは雇用のプロセスにマクロ経済や政治的な要素が影響していましたが、全体的な成長には悪影響とはならず一定でしかし劇的なものではありませんでした。

シンガポールは地域でも最も発展し成熟した雇用市場で、市場のコンディションは2014年は首尾一貫しており、雇用活動は安定したレベルになっています。

この地域で私たちが見た興味深いトレンドは、地域の企業による雇用活動の成長が多国籍企業を対抗していることです。歴史的に、求職者は多国籍企業に雇われることを好む傾向にありましたが、現在はASEANで成功している地元の企業を好むようにシフトしてきています。

キャリアアップの機会は報酬と同じくらい重要

給与や福利厚生などの報酬は求職者と雇用主にとって決断の鍵となっています。しかし、現在これらの決断はより複雑になり、見直されるべき数多くの要因があるのです。それにはキャリアアップの機会と長期雇用も含まれます。企業の社会的責任も多くの人々の中で重要視されており、自分自身が誇れる企業で働きたいと思っているのです。

これは私たちが目にした雇用主のブランド化というコンセプトと結びついています。最も革新的な組織は文化や環境の構築に注目し、力を入れることで、ベストな才能を持つ人々を惹きつけ、彼らを雇いたいと思っているのです。

雇用主は優れた才能に対しては良い給料を提示したい

一般的に、この地域中で給与の上昇圧力を目にしますが、これは市場によって多様です。雇用主が求職者に十分な給与を払うことを厭わない一方で、彼らはその投資の見返りをとても早く目にしたいと考えています。期待は高く、経験豊富な才能のある求職者はどこで働きたいのかを見極めますが、その企業は求職者が技術的なスキル、対人関係のスキル、その他雇用するにふさわしいかどうかを見ています。強い求職者には多くの機会がありますが、同時に雇用主は彼らがその役割に適しているのかどうかを確認したいと思っています。

The Michael Page South East Asia 2016 Salary & Employment Outlook は、シンガポール、マレーシア、インドネシアの様々な産業の850人以上の雇用主を調査した結果に基づいた報告書です。さらに雇用主との座談会がこの報告書をより有意義なものにしました。報告書は市場と雇用状況、給与、セクター毎の概要を明らかにすることを目的としています。

カテゴリー
今後の動向

東南アジアにおいて今後成長が期待される仕事と衰退していく仕事

技術、自動化、分裂。これらは時代を象徴する言葉であり、1つのことを示唆しています。それは、未来の雇用市場において確かなことは何もないということです。

世界経済フォーラムの推定では、次の4年間で7500万の仕事で解職が起こり、技術的発展の結果、世界的に1億3300万の新たな仕事が作り出されると予測されています。

この移り変わりが顕著に表れるのが、東南アジアであると推測されています。

変化に取り残されないために、この地域では農業関連の仕事からサービス的な役割にシフトしていく必要があります。

Oxford Economicsとアメリカのテクノロジー会社の新しい報告によると、この変化によって、2800万のフルタイムの仕事で解職が起こり、それらは次の10年で地域の経済を代表する6つの経済で起こると言われています。

この数字はインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの労働人口の10%ほどに相当します。

いかにも、この変化によって、成長産業においては新たな仕事が出現します。しかし、必要なスキル不足や異なる役割への移行によって、660万人の失業を引き起こすことが、研究によって明らかになりました。

この変化への挑戦は、どの仕事が未来に残り、その仕事を維持するためにはどのようなスキルが必要なのかを明確にすることです。東南アジアのCisco代表であるNaveen Menonに話を聞きました。

仕事の機会

ここ数年で最大の機会を提示されている産業は、地域の豊かさが増し、製品や経験に対する人々の需要を繁栄していると報告されています。

「新たなテクノロジーが導入されると、生産性の向上が生産費を抑え、製品やサービスの価格が安くなります。そうすると、可処分所得が上がるので、消費の促進につながります。これが新しい仕事のを作り出すのです。」とMenonは説明します。

より具体的に言うと、これらには小売や卸売、製造業、建設業、輸送産業が含まれています。地域の小さなIT、金融、芸術セクターでも恩恵があるでしょうと報告されています。

これらの産業の多くは技術を必要とし、顧客と向き合う職業ですとMenonは言い、これらの職業でキャリアアップを望む場合は新たなスキルを身につける機会を見つけるべきだと言います。

これらのスキルには、プロの訓練だけではなく、コミュニケーション力やクリティカルシンキングなどのソフトスキルも含まれると彼は言いました。

失業

ある産業では重大な失業に直面することになり、スキルの低い仕事、自動化に弱い仕事は衰退していくと報告されています。

主に、農業系、清掃員や機械オペレーター、取引労働者などの労働集約型の職業が含まれます。

この移行は世界的に起こっていますが、東南アジアでは特に難しい問題となっています。この地域では未だに大部分を長年の農業セクターに頼っているからです。

「ASEAN主要6カ国(東南アジア諸国連合を率いている主要6カ国)の農業セクターには7600万ほどの仕事があります。3分の1は労働者で、この仕事は、日課がありコード化できる力作業が多いため技術の発展によってなくなる可能性が高いです。」と報告されています。

地域別内訳

インドネシアは人口密度の高い地域で、予期できる配置転換の影響を大きく受ける国となりそうです。950万の仕事がベトナムやタイよりも上位にあり、その仕事はスキルの低い農業関係の労働者です。

しかしながら、人口の少ないシンガポールでは、技術的混乱の影響が急速に広がるという予想もあります。都市国家は21%のフルタイムの仕事が次の10年で入れ替わると予想しています。

それは、シンガポールがすでに「技術的進歩の先駆者」であるということと、「技術的に追いつけ」というよりも新たな革新やオーバーホールプロセスを実行しているということが関係していると報告されています。

「労働人口のトータル数の割に、そしてすでにスキルの高い労働者がいるにもかかわらず、シンガポールは技術的な挑戦に直面しています。なぜなら、新たな仕事の多くは高技術ののプロと管理職を作り出しているからです。」と報告されています。

今後の展望

ここ数年で予想される主要な移行は、ビジネスにも労働者にも挑戦を突きつけることになります。しかし、このシナリオが挑戦を表している一方で、Menonは楽観的になる理由もあると話します。

「この変化の結果はASEANの労働者が、今よりも高い価値の仕事ができるということです。」とMenonは言います。

世界でも急速に成長した経済のホームである東南アジアにとって、これは広く影響があるでしょう。

「この地域の長期的な成長を維持する手助けになるでしょう。」と彼は言いました。

カテゴリー
今後の動向

2019年:東南アジアの雇用のダイナミックな年

2019年給与調査第20版によると、東南アジアは海外から、特に中国からの投資を受け、産業の中心地として上へ登っていく軌道を描き続けています。

年に1度の給与調査は、世界的、国際的、地域的な給与と雇用のトレンドの理解をあらましを提示ししています。全体的に、需要の高いスキルには相応の給与が支払われ、市場拡大のために国際的なバックグラウンドを持つ地元の人々の需要が高まっているようです。鍵となるのは、企業は合理化が求められ、金融などの多くの部門で雇用プロセスを短くし、2019年のスキル重要視の市場において将来の労働者に何を提供しなければならないのかを強調することです。

東南アジアのビジネスが地域の人材を発掘している一方で、2019年給与調査は、企業がいかに「グローカル」な労働者を探しているかを強調しています。グローカルな人材とは、国際的な経験のある地域のスタッフのことです。要するに、2019年は地域での雇用のダイナミックな1年になると予想されており、それはビジネスにも雇用市場にも利益があります。

多くの地域的なトレンドは、タイで反映されています。ロバート・ウォルターズタイ&ベトナムのGerrit Bouckaert専務取締役によると、特に、デジタルスキルと国際的な経験のある地元の才能の需要が高まっているようです。「ロバート・ウォルターズの2019年給与調査によると、国際的な展望はかつないほどタイの労働者から注目されており、タイの企業は地域的にも国際的にも拡大し、英語を話すプロのニーズが高まっています。同時に、2019年はデジタルトランスフォーメーションの年となり、国境を越えてデジタルの才能がある人材の需要が高まります。」

タイのイースタンシーボードは問題解決やプロジェクト管理のスキルを備えたプロを探し続けるかもしれません。これが雇用主に新人募集のプロセスを合理化を進めるだけではなく、適格な人材には給与の要求を強化すると予測されています。個人を魅力的にするための労働者の努力はより重要となり、会社が求人市場での評判を上げるためにソーシャルメディアのプラットホームを使い、雇用元のブランド化をするでしょう。また2019年には、社内の課題を強調することも重要になります。新人募集が微調整され、2019年は法律関係など特定のポジションに仕事がもたらされるでしょう。

2019年に仕事の魅力度を決める4つの要因は、ワークライフバランス、報酬、経営陣からのフィードバックと励まし、そして研修と機会です。2019年に転職の動機でトップとなるものはキャリアアップの約束と昇給、そして福利厚生の充実とワークライフバランスです。

90%が労働市場に自信を感じているように、専門家は2019年に前向きな動きを感じ続けるでしょう。給与は転職者のうち、内勤業務の人には15~20%の昇給、外勤業務の人やニッチな業務についている人には20~30%の昇給が見込まれます。

カテゴリー
今後の動向

発展途上のアジアの未来の仕事

アジアや太平洋地域の仕事の性質はここ数十年で劇的に変化しています。労働市場のシフトは社会を一変させ、急速な経済成長はより良い給与と生産的な仕事を労働者に提供しています。

国際貿易と新たなテクノロジーは2つの重要な要素を含んでいます。1つ目は、貿易が地域の最も重要な財産を役立たせることを可能にしました。それは、労働力です。そして2つ目は、新たなテクノロジーが生産性の向上の引き金になり、雇用の創出と給与の増額につながりました。

しかし、アジアの仕事の挑戦はまだ終わっていません。2015年から2030年にかけて、アジア開発銀行(ADB)の加盟国の労働力は年間でおよそ1600万増えると推測されています。

明らかに、より多くのより質のいい仕事が求められているのです。

テクノロジーはアジアが多くの挑戦を達成することができるような助けになります。しかし、国々が挑戦へ向けてよく準備をしたなら、労働市場にももたらされるのです。

コンピューターやビッグデータに加え、モバイルインターネット、人虎知能や機械学習、ロボット工学、ナノテクノロジーは第四次産業革命を駆り立てます。これらはビジネスモデルと仕事の性質を根本的に変えるでしょう。

これらの進歩は未来の繁栄に寄与し、そのうちいくつかは労働者や社会に挑戦を突きつけるでしょう。スキルのない労働者ができるような仕事は自動化によって失われる可能性がります。

第四次産業革命によって解放される労働力は不安定な雇用の増加につながります。これらの仕事は社会的な利益もOJTも入らず、労働者にとっては労働市場の需要の変化についていくのが大変です。

では、政策はどうするべきなのでしょうか。

貿易に取り組み、テクノロジーを守る

最初に、貿易において壁を作ることは選択肢にはありません。ひらけた市場は発展途上のアジアに多くの繁栄をもたらしてきました。ここ数年間、成長のスピードは遅くなっていますが、これは今後も期待されています。

東アジアや東南アジアのように世界経済とより密接に関わっている地域では、成長が早く、より多くの仕事が生み出されています。南アジアがその次で、まずはインフラの整備と規制の合理化が必要です。

次に、テクノロジーの挑戦への解決策はテクノロジーの変化を進ませるわけではありませんが、準備しておく必要があります。

簡単に言うと、あるケースではテクノロジーが現在の労働者の代わりになるでしょう。つまり、代替効果です。しかし、それでも「スケール効果」が支配するかもしれません。これは、与えられた量の人員削減が必要な場合でも、総生産量の十分な増加により、仕事を増やすことができるかもしれないということです。

時々、テクノロジーは今ある仕事を補完するものになり、労働者の生産性の向上にもつながるでしょう。また、テクノロジーは新たなタイプの仕事を作り出すでしょう。例えば、テクノロジーを補う新しい仕事があれば、古い仕事に取って代わるようになるでしょう。

これらの機会のメリットをフルに得たい発展途上のアジアの国々にとって、彼らの資源を使うことについてより柔軟になっていくでしょう。資源とは、労働力、資金、土地のことです。

柔軟性は必要不可欠で、テクノロジーの変化の早いペースによって与えられ、テクノロジーが異なる市場、セクター、工場に影響する予測不能な手段でもあります。労働力や資金、土地を衰退している産業や工場から新たに割り当てることを妨げる規制はただ可能性を潰すだけです。

雇用レベルを市場のトレンドに合わせるための柔軟性のある労働市場の規制は必要で、異なるタイプの雇用契約(期限付き雇用など)や在宅ワークやテレコミューティングなどの異なる環境で働く経験者も必要となります。

しかし柔軟性というのは規制をしない労働市場という意味ではありません。

より良い教育、適正なスキル

労働者は経済的や健康的なリスクや退職によって収入を失うことから守られるべきです。同時に、企業は、役に立たない労働者を解雇する上で苦労するべきではありません。もしそんなことをすれば、経済拡大の最中でも創出される仕事が少なくなってしまいます。

社会保険を保証すると同時に、企業は労働力に変化をつけることで能力を維持しなければなりません。

発展途上のアジア太平洋地域の国々は教育へのアクセスの拡大において、印象に残る進歩をしました。そして今彼らが焦点を当てるべきなのは、教育と研修の質と適切さです。

新たに仕事につく多くの若者には、複雑な問題を解決し戦略的に考える力が欠けています。雇用主のアンケートではしばしば非認知スキルが主要な欠点として報告されています。

これらのスキルが最高であることは明確です。新たなテクノロジーの恩恵を最大限に受けるためには、必要とされているスキルを取得できるような教育システムの改良を基本として、発展途上のアジアのスキルを拡大することが重要です。

例えば、未来の中間のスキルの仕事の多くは、コミュニケーション力、問題解決力、柔軟性や適応性などの様々なスキルが必要になります。つまり、未来の労働者はコンピューターリテラシーなどの技術的なスキルだけではなく、小学校や中学校で習うべき基本的な認知・非認知スキルが必要になるのです。

質の高い教育と生涯を通したトレーニングを提供することに投資する経済は、破壊的イノベーションの影響を最小限にとどめることができるでしょう。

ADBは、適正なスキルのある労働者を育て新たな仕事の世界へ送り出す手助けをすることで、需要のある求人市場への移行の管理をする国々の手助けをするという、決定的な役割を担っています。

第四次産業革命はワクワクするような時と言えます。もしその混乱に向けて準備をしておけば、質の低い仕事よりも、より良い仕事を生み出すことができるでしょう。

カテゴリー
今後の動向

東南アジアのIT業務は需要が高く、給与も上昇傾向

昨年の経済成長の停滞にもかかわらず、シンガポールは地域のハブを創設したい企業にとって、魅力的な場所となっています。これは数多くのセクターで雇用活動が促進されていることの鍵となり、消費行動の変化や地域業務の生態系における政府の投資によって支えられていると、ロバート・ウォルターズの給与調査が明らかにしました。

本年と2018年の募集要項について話し合われているこの調査は、現在進行中のデジタル化や安定的な市場の拡大などの翌年の強い経済による楽観的な予測を発表し、東南アジアにおける給与の増額を示唆しました。調査によると、強いテクニカルスキルがありながら地域業務に求職している人、特にIT分野や国際的な業務の経験がある人は需要が高いとされています。

東南アジアの全体的な雇用市場は、経済の状態が多様であるにもかかわらず、2017年の間は活発なままです。これが新たな市場を引きつけ、今あるビジネスを拡大させている理由の大部分です。様々な国の状況にもかかわらず、デジタル化は多くの市場で優先事項としてあり続けるでしょう。調査は若者の人口が急速に増えたのと消費者運動が増えたことが主な理由であると結論づけています。

シンガポールの2018年の予測

昨年の経済成長の停滞にもかかわらず、シンガポールは地域のハブを創設したい企業にとって、魅力的な場所となっています。これは数多くのセクターで雇用活動が促進されていることの鍵となり、消費行動の変化や地域業務の生態系における政府の投資によって支えられています。

政府がテクノロジーのインフラを強化し賢い国を作り上げることで、ビジネスはデジタルプロセスを発展させ続け、伝統的な技術や新たなテクノロジースキルを持った人々に短期または長期の仕事の機会を作り出します。調査では、イーコマース、保険、物流がデジタルトランスフォーメーションの鍵となるでしょうと示しました。

今年のトレンドに従って、ITの雇用市場は2018年も活発なままで、デジタルトランスフォーメーションで持ちきりとなり、顧客向けのeチャンネルを現代化させるための投資をしていくでしょう。セールスやマーケティング部門では、様々な部門で力強い活動(FMCG、小売、ラグジュアリーとヘルスケア)が予測されている一方で、消費者とヘルスケアに向けたプロを探している企業に対して、最新のデジタルトレンドに追いつくことと強い分析力を持つように助言しました。

求職者は契約社員になることについてよりオープンになっていて、契約業務の市場は成長が見込まれています。今年は、インターンのポジションでは特にニッチなスキルを必要としているプロジェクトで中間レベルの専門家がより雇用され、短期契約の法律家も雇われる傾向にあります。2018年に雇用主が契約者の価値を認識することでこのトレンドは続き、特にフィンテック、ヘルスケア、テクノロジーセクターでの法律のプロが雇用されます。

HRのプロは今年に引き続き、2018年もクライアントによる市場として残るでしょう。ビジネスに詳しい人や管理者の経験があるHRは需要が高くなっています。企業が労働者に対して中身のある研修をすることが重要であると気づいたことで、上級者の地域研修や開発のプロの需要も増え、特にリーダーシップ開発と組織デザインのスキルが求められます。

シンガポールのインフラ率はあまり変化がなく、最低賃金の上場は2018年に予測されており、デジタルマーケティングやサイバーセキュリティのスキルのある求職者の需要は高いままでしょう。これらの求職者は年収の増額を期待でき、特に地域の市場についての知識もある人はより期待できます。

2018年に他に鍵となるハイライト

・財政報告やシステム開発の実施、ファイナンシャルプランニングと分析(FP&A)や資金についての実力があるというような、幅広いスキルを持った求職者の高い需要が市場であることから、会計や財政セクターで強化が進められるでしょう。ビジネスパートナーとして協力でき、財政の面から価値を加えることができる人は重宝されます。

・ITセクターでは、深く学び、マシーンランニングスキルを身につけたビジネスや消費者向けのプロの需要が高くなります。特にデザインの能力があるフロントエンドの開発者UX/UIのプロは需要が高く、様々な場面でユーザーを取得する上で魅力的なインターフェースが残っています。

・金融部門では規制の要求が主要な問題として残り、デジタル化が進み、企業がセキュリティシステムを強化していることから、サイバーセキュリティのスキルがあるテクノロジーの専門家の需要は高いままでしょう。しかし、現在の限られた人材の中からテクノコマーシャルの専門家やローカルデベロッパー、解決策を創り出す人を探し出すことは管理者にとって課題となるでしょう。

・HR部門でも戦略的な能力のあるリーダー、チームをまとめ、雇用戦略を開発させる管理者などの需要が高まるでしょう。調査では、管理者を雇用する上で、タイムリーな雇用をしスキルを持っていなくても可能性や学習能力のある求職者の雇用を考慮し、雇用プロセスを簡単にすることを推奨しています。

ロバート・ウォルターズの東南アジアToby Fowlston専務取締役は「デジタル化のトレンドは、消費者のマーケットシェアの拡大や競争力を高めるために、地域の企業のオンラインプラットフォームを創り出すビジネスに拍車をかけています。これらの変化によって、多くの企業がマーケティング部門でもIT部門でもデジタルのエキスパートを雇い、特にデジタルインフラの知識がありニッチなテクノロジースキルがある人の需要が高まっています。」と言いました。

さらに彼は、「加えて、クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティ、ビッグデータなどのITの下位部門の成長が鍵となることから、これらの分野のITのプロも需要が高まるでしょう。このトレンドは2018年も続くとみられています。」と話しました。

このビジネストランスフォーメーションへの注目は、文化の変容に能力のある人事部門のプロの需要の引き金ともなります。

しかし、この分野の課題は、人材が限られて離職率が高いことから、才能のある人をどのように引きつけ維持するかです。管理者を雇用する上で、タイムリーな雇用をし、彼らが持っているスキルに注目するだけではなく、学習の可能性についても柔軟に対応することが最善策です。