昨年の経済成長の停滞にもかかわらず、シンガポールは地域のハブを創設したい企業にとって、魅力的な場所となっています。これは数多くのセクターで雇用活動が促進されていることの鍵となり、消費行動の変化や地域業務の生態系における政府の投資によって支えられていると、ロバート・ウォルターズの給与調査が明らかにしました。

本年と2018年の募集要項について話し合われているこの調査は、現在進行中のデジタル化や安定的な市場の拡大などの翌年の強い経済による楽観的な予測を発表し、東南アジアにおける給与の増額を示唆しました。調査によると、強いテクニカルスキルがありながら地域業務に求職している人、特にIT分野や国際的な業務の経験がある人は需要が高いとされています。

東南アジアの全体的な雇用市場は、経済の状態が多様であるにもかかわらず、2017年の間は活発なままです。これが新たな市場を引きつけ、今あるビジネスを拡大させている理由の大部分です。様々な国の状況にもかかわらず、デジタル化は多くの市場で優先事項としてあり続けるでしょう。調査は若者の人口が急速に増えたのと消費者運動が増えたことが主な理由であると結論づけています。

シンガポールの2018年の予測

昨年の経済成長の停滞にもかかわらず、シンガポールは地域のハブを創設したい企業にとって、魅力的な場所となっています。これは数多くのセクターで雇用活動が促進されていることの鍵となり、消費行動の変化や地域業務の生態系における政府の投資によって支えられています。

政府がテクノロジーのインフラを強化し賢い国を作り上げることで、ビジネスはデジタルプロセスを発展させ続け、伝統的な技術や新たなテクノロジースキルを持った人々に短期または長期の仕事の機会を作り出します。調査では、イーコマース、保険、物流がデジタルトランスフォーメーションの鍵となるでしょうと示しました。

今年のトレンドに従って、ITの雇用市場は2018年も活発なままで、デジタルトランスフォーメーションで持ちきりとなり、顧客向けのeチャンネルを現代化させるための投資をしていくでしょう。セールスやマーケティング部門では、様々な部門で力強い活動(FMCG、小売、ラグジュアリーとヘルスケア)が予測されている一方で、消費者とヘルスケアに向けたプロを探している企業に対して、最新のデジタルトレンドに追いつくことと強い分析力を持つように助言しました。

求職者は契約社員になることについてよりオープンになっていて、契約業務の市場は成長が見込まれています。今年は、インターンのポジションでは特にニッチなスキルを必要としているプロジェクトで中間レベルの専門家がより雇用され、短期契約の法律家も雇われる傾向にあります。2018年に雇用主が契約者の価値を認識することでこのトレンドは続き、特にフィンテック、ヘルスケア、テクノロジーセクターでの法律のプロが雇用されます。

HRのプロは今年に引き続き、2018年もクライアントによる市場として残るでしょう。ビジネスに詳しい人や管理者の経験があるHRは需要が高くなっています。企業が労働者に対して中身のある研修をすることが重要であると気づいたことで、上級者の地域研修や開発のプロの需要も増え、特にリーダーシップ開発と組織デザインのスキルが求められます。

シンガポールのインフラ率はあまり変化がなく、最低賃金の上場は2018年に予測されており、デジタルマーケティングやサイバーセキュリティのスキルのある求職者の需要は高いままでしょう。これらの求職者は年収の増額を期待でき、特に地域の市場についての知識もある人はより期待できます。

2018年に他に鍵となるハイライト

・財政報告やシステム開発の実施、ファイナンシャルプランニングと分析(FP&A)や資金についての実力があるというような、幅広いスキルを持った求職者の高い需要が市場であることから、会計や財政セクターで強化が進められるでしょう。ビジネスパートナーとして協力でき、財政の面から価値を加えることができる人は重宝されます。

・ITセクターでは、深く学び、マシーンランニングスキルを身につけたビジネスや消費者向けのプロの需要が高くなります。特にデザインの能力があるフロントエンドの開発者UX/UIのプロは需要が高く、様々な場面でユーザーを取得する上で魅力的なインターフェースが残っています。

・金融部門では規制の要求が主要な問題として残り、デジタル化が進み、企業がセキュリティシステムを強化していることから、サイバーセキュリティのスキルがあるテクノロジーの専門家の需要は高いままでしょう。しかし、現在の限られた人材の中からテクノコマーシャルの専門家やローカルデベロッパー、解決策を創り出す人を探し出すことは管理者にとって課題となるでしょう。

・HR部門でも戦略的な能力のあるリーダー、チームをまとめ、雇用戦略を開発させる管理者などの需要が高まるでしょう。調査では、管理者を雇用する上で、タイムリーな雇用をしスキルを持っていなくても可能性や学習能力のある求職者の雇用を考慮し、雇用プロセスを簡単にすることを推奨しています。

ロバート・ウォルターズの東南アジアToby Fowlston専務取締役は「デジタル化のトレンドは、消費者のマーケットシェアの拡大や競争力を高めるために、地域の企業のオンラインプラットフォームを創り出すビジネスに拍車をかけています。これらの変化によって、多くの企業がマーケティング部門でもIT部門でもデジタルのエキスパートを雇い、特にデジタルインフラの知識がありニッチなテクノロジースキルがある人の需要が高まっています。」と言いました。

さらに彼は、「加えて、クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティ、ビッグデータなどのITの下位部門の成長が鍵となることから、これらの分野のITのプロも需要が高まるでしょう。このトレンドは2018年も続くとみられています。」と話しました。

このビジネストランスフォーメーションへの注目は、文化の変容に能力のある人事部門のプロの需要の引き金ともなります。

しかし、この分野の課題は、人材が限られて離職率が高いことから、才能のある人をどのように引きつけ維持するかです。管理者を雇用する上で、タイムリーな雇用をし、彼らが持っているスキルに注目するだけではなく、学習の可能性についても柔軟に対応することが最善策です。