2010年の人員補充の前まで、4大会計事務所であるアーンスト&ヤングとPWCで監査役として働いていました。現在はシンガポール事務所を拠点とし、東南アジアのHRディレクターを務めており、地域を超えてロバート・ウォルターズのために働いてくれる人の雇用を手伝っています。

「私は現在、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピンなどの東南アジア諸国でロバート・ウォルターズのために働いてくれる人材に目を向けています。私は、リクルーターをリクルートしているのです。ですから、私の仕事の大部分はコミュニケーション力があり、雇用の仕事に情熱を持った人材を探し、見極めることです。」

東南アジアの雇用

東南アジアでは、法律家、会計士、マーケッターなどのその分野のプロを雇用する傾向にあります。その分野においてはプロの集団が雇われているので、彼らとつながることで、似たようなバックグラウンドを持った新たな候補者に出会える可能性が高くなります。一般的に私たちは、チームで働くことができ、セールススキルを持ち、前向きなアプローチをする人を探しています。成功に向けて準備をする必要がありますが、断るということも仕事の一部であるということを気に留めておくと、そこまで落ち込まずに済みます。

雇用機会の幅

シンガポールとマレーシアはどちらも成熟市場で、競争率が高く常に動きがあります。雇用を確保したい場合にはスピードが求められます。国際的な都市で、言語や文化的側面からアジアの中でも取り掛かりやすい市場となっています。一方で、実際に私が関わったインドネシア、ベトナム、フィリピン、タイなどの他国の市場は若い新興国市場で、成長の可能性を秘めています。シンガポールやマレーシアと比べると、大きな市場ですが競争率が低く、高度成長を経験した地域です。

もしあなたがリクルーターであれば、この成長の波に乗って良い機会にめぐり合うことができ、十分な額の小切手を持ち帰ることができるでしょう。このことから、海外の候補者がここへ移り住む興味があることが伺えます。シンガポールではFair Consideration Frameworkという規制があります。移住者を雇う前に、シンガポール人を雇うことができないのかを雇用主に考えるように、政府が主導しています。

なぜ人材紹介会社で働くべきなのか

ロバートウォルターズは雇用に関しての目覚しい業績と表彰を数多く受賞しています。そしてアジアや世界中の素晴らしいブランドを私たちの顧客として迎えています。国際的な拠点の多さは私たちのビジネスの大部分であり、労働者が海外で働きたいと思った時には、全力でサポートすることができます。シニアマネジメントチームの大半がロバート・ウォルターズにコンサルタントとして参加しており、企業内でも欠かせない存在になりました。私たちはチームでの利益のシェアリングモデルを採用しており、それはロバート・ウォルターズのDNAとも言えます。

企業文化

私はシンガポール事務所で働いており、雰囲気はダイナミックでペースが速く楽しいです。とても社交的で金曜日の夜にはみんなで飲みに行きます。そして飲み会の場ではチーム外のメンバーとも交流することができ、新たなネットワークを構築することができます。たくさんの楽しいことがあり、屋台がビルまで来て、チキンライスのようなシンガポールの伝統的な食事を楽しむことができます。東南アジアの全事務所中で、楽しむということが重要視されており、これはビジネスの場でも鍵となる価値観になっています。

雇用に興味のある人に対して一言

リクルート産業についてよく調べ、あなたの価値観に合うしっかりとした経済基盤のある企業を選ぶようにしましょう。これはとても価値のあるキャリアですが、セールスに特化した役割であるということを忘れないでください。ロバート・ウォルターズでは長期的かつ国際的に活躍できるようサポートします。シニアマネジメントチームがコンサルタントとしてロバート・ウォルターズに参加しています。