仕事を見つけるにあたって様々な手段が急増していますが、いくつかの方法は他のものと比べて人気があります。全ての国に共通した手段があるわけではなく、フィリピン人が求人情報を見る上で好むものは、シンガポール人、タイ人、マレーシア人の好みとは異なる場合もあります。以下のインフォグラフィックで、アジア人が仕事を探す上で使う手段を見てみましょう。

国ごとの就職活動で人気のある手段(上から人気順)

  • オンラインの仕事情報
  • 企業のウェブサイト
  • 紹介
  • 転職エージェント

以下、アジアの求人市場における3つのトレンドです:

・求職者は常に新しいキャリアの機会を見張っています

最近の研究では、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの8000人以上の求職者はこの文章に同意するかしないかを尋ねられます。「来年今の仕事/雇用主の元を離れるつもりはありません。」

ひょっとすると驚かないことかもしれませんが、全ての求職者は満場一致でこの文章に同意しません。ほぼ全ての回答者は「仕事市場を見ていきたい」という強い希望を持っています。

・雇用主の転職の優先度

同じ研究で、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの約3000人の雇用主が転職の優先度をリストから選びました。

インドネシアやマレーシアでは、2017年、多くの雇用主が「必要なポジションを埋めるため」という、雇用することを第一とし、「人員増加」というのも2番目に多くなっています。

一方で、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの多くの雇用主は「人員増加」を2017年の最優先としています。このグループのシンガポール以外の3カ国は「必要なポジションを埋めるため」が2番目になっています。

・雇用主に最も求められる能力

どのポジションを埋めることが一番難しいかと雇用主に尋ねたところ、インドネシア、マレーシア、フィリピンの多くの雇用主が監督者や専門家を雇うのが一番難しいと答え、シンガポールとタイの雇用主は中間職が難しいと答え、ベトナムはマネージャーが難しいと答えました。